冷蔵庫に眠った漬けものを活用! もう1品にもおすすめな副菜5選

#食 
「たたき長いもの高菜あえ」


箸休めにぴったりな漬けものですが、冷蔵庫で眠ったままになることもしばしば。今回はもう1品プラスしたい時におすすめな、漬けものを使った副菜メニューをご紹介します。高菜漬けやザーサイなどを取り入れているので、消費しきれなかった漬けものでぜひチャレンジしてみては?

たたき長いもの高菜あえ


【材料・2人分】

長いも 10cm、高菜漬け 40g

【作り方】

1. 長いもはポリ袋に入れ、めん棒でたたいて食べやすい大きさに割る。高菜は刻む。

2. ポリ袋に高菜を加えて袋の上から軽くもんで混ぜる。器に盛り、好みでしょうゆをかけても。

(1人分65Kcal、塩分1.2g、調理時間5分)

高菜漬けと長いもを組み合わせた和風のあえもの。長いもはめん棒でたたき、食べやすいサイズになるよう調整してください。ポリ袋であえるだけなので、手軽につくれるのも嬉しいポイントです。

ピーマンのザーサイあえ


ザーサイのうまみと塩けが調味料の代わりに。ピーマンは縦半分に切ったら、さらに横幅1cmにカットしましょう。

レンジでササッと作れる「ピーマンのザーサイあえ」


厚揚げ野沢菜炒め


コロコロサイズの厚揚げと野沢菜を炒めたメニューです。にんにくのこうばしい香りが食欲をそそるはず。

「厚揚げ野沢菜炒め」


もやしのキムチあえ


キムチともやしのシャキシャキ感をダブルで味わえます。最後にちぎって加える焼きのりのアクセントが◎

「もやしのキムチあえ」


高菜いり豆腐


もめん豆腐、ちりめんじゃこ、高菜漬けを使った1品です。豆腐はポロポロになるまでしっかり炒めてください。

「高菜いり豆腐」


どのメニューもご飯がどんどん進むものばかり。ポリ袋であえたりレンジを使って完成する料理もあるので、時間が無い時に作るのもおすすめです。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)