5分で完成! 旬の野菜をおいしくとれる月~金のあったかスープ

#食 
「白菜豆乳スープ」


旬の野菜を手軽に摂りたいなら、お腹の中から温まれるスープにするのがおすすめ。ベースになる味つけを何種類か覚えておけば、日替わりで新鮮なおいしさを堪能できます。今回は、わずか5分で完成する月~金のあったかスープをご紹介。時短メニューが勢ぞろいしているので、忙しい朝でも作りやすいですよ。

白菜豆乳スープ


【材料・2人分】

ウインナソーセージ 2本、豆乳(成分無調整) 3/4カップ、白菜 2枚(約150g)、スープ(洋風スープの素[顆粒] 小さじ1、水 1と1/2カップ)、みそ、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. 白菜はざく切りにしてから縦1cm幅に切る。ソーセージは小口切りにする。

2. 鍋にスープの材料を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら1を加えてふたをして煮る。全体に火が通ったら豆乳を加え、ふつふつとしたらみそ小さじ1を溶き入れる。再びふつふつとしたら塩小さじ1/4で調味する。器に盛り、こしょう少々をふる。

(1人分121Kcal、塩分2.4g、調理時間5分)

“ざく切り”は、食材をざっと揃えて端からカットしていけばOK。白菜が大きすぎると火が通るまで時間がかかってしまうので、切る際は一口大を目安にしましょう。みそを入れた後は、沸騰させないよう火加減に気を使うと、風味よく仕上げられます。

ほうれん草とベーコンのトマトスープ


オリーブ油でベーコンを炒めてコクを出してください。色が変わるまでしっかり加熱するのがポイント。

トマトジュースがスープに大変身♪「ほうれん草とベーコンのトマトスープ」


簡単酸辣湯(サンラータン)


豆腐は、つるんとなめらかな食感の絹ごし豆腐をチョイス。ふわふわの卵と一緒にいただきます。

「簡単酸辣湯(サンラータン)」


せん切り野菜のコンソメスープ


中途半端に残ってしまった大根やにんじんを使い切れる便利なスープです。パンはもちろん、ご飯にも合うシンプルな味が◎。

「せん切り野菜のコンソメスープ」


ごろごろかぶのトマトスープ


かぶは茎元に土などの汚れがたまりやすいので、フォークや竹串などでかき出します。葉も捨てずに加え、より栄養価をアップさせましょう。

「ごろごろかぶのトマトスープ」


具だくさんのスープを1品プラスするだけで、食卓がちょっぴり華やかになります。お腹の満足度も上がるので、ぜひチャレンジしてみては?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)