野菜の葉・軸・皮を捨てる前に! もったいないを解消する副菜5選

#食 
「ブロッコリーの軸のからしあえ」


普段は捨ててしまう野菜の皮や芯。調理次第では食べられる場合もあるため、もったいなく感じたことはありませんか? そこで今回は、野菜の葉っぱや軸などを使った“使いきり副菜”をピックアップしてみました。食材を余すことなく食べきれるメニューを、ぜひチェックしてみてくださいね。

ブロッコリーの軸のからしあえ


【材料・2人分】

ブロッコリーの軸 1個分、しょうゆ、みりん 各小さじ1、酢 小さじ1/2、練りがらし 小さじ1/3

【作り方】

1. ブロッコリーの軸は皮をむき、小さめの乱切りにし、耐熱ボウルに入れる。しょうゆ、みりん、酢、練りがらしを加えて混ぜ、ラップをかける。

2. 電子レンジで20~30秒、全体が熱くなるまで加熱し、取り出してさます。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分21Kcal、塩分0.5g)

こりこりの歯ごたえがクセになるブロッコリーの副菜。皮をむいた軸をしょうゆ、みりん、酢、練りがらしで味つけします。あとはレンジに入れて20~30秒くらい加熱すればできあがり。和えてチンするだけなので、忙しいときの副菜におすすめです。

かぶの葉の黒こしょうサラダ


カルシウムや鉄分を含むかぶの葉をサラダにした1皿。ドレッシングの酸みと黒こしょうでさっぱりと仕上げます。

赤パプリカをプラスして華やかな色合いに!「かぶの葉の黒こしょうサラダ」


かぼちゃの皮のきんぴら


かぼちゃの皮は厚めにむいて食べやすい長さに切りましょう。しょうゆと砂糖のほか、オイスターソースでコクをプラスするのがポイントです。

「かぼちゃの皮のきんぴら」


キャベツの芯のしょうが風味漬け


さっぱりとしたしょうがの風味がたまりません。キャベツの芯はそぎ切りにすると、シャキシャキ感が楽しめます。

「キャベツの芯のしょうが風味漬け」


大根の皮のきんぴら


とうがらしと大根の皮を、ごま油で香ばしく炒めたきんぴらです。ピリッとした辛さがあるので、おつまみにしても◎

「大根の皮のきんぴら」


何気なく捨ててしまっている部位でも、ひと手間加えるだけで副菜に早変わり。“使いきり副菜”で、いつもの“もったいない”を解消してみませんか?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //