缶詰を使ってラクチン調理! 缶詰+野菜の炒めもの5選

#食 
1435595

安価で手に入る上、長期保存できる缶詰は家庭料理の強い味方。素材のうまみが凝縮されているので、いつもの料理に加えるだけで味に深みを出してくれます。そこで今回は缶詰と野菜を組み合わせた炒めものを5つピックアップしてご紹介。買い置きした缶詰と冷蔵庫にある野菜でサッと作れるので、ぜひお試しあれ。


じゃがケチャップ炒め

【材料・2人分】

じゃがいも 2個(約300g)、ツナ缶 小1缶(約75g)、ピーマン 2個、サラダ油、塩、トマトケチャップ

【作り方】

1. じゃがいもは皮つきのまま7~8mm厚さの半月切りにし、さっと洗って水けをきる。ピーマンは縦半分に切り、横6~7mm幅に切る。ツナは軽く缶汁をきる。

2. フライパンにじゃがいもを入れ、油小さじ2を回しかけて、中火で熱する。ふたをして時々揺すりながら、火が通るまで約5分蒸し焼きにする。塩少々をふってピーマン、ツナを加えて約2分炒め、ケチャップ大さじ3を加えてさっと炒め合わせる。

お料理メモ

じゃがいもは皮ごと大きく切っても、蒸し炒めにすることで早く火が通ります。切る&炒める作業は、できるかぎり簡単にして作りやすいメニューに。

(1人分290Kcal、塩分1.4g)

じゃがいもとツナを炒めて、子どもウケ抜群のケチャップ風味に仕立てた一品。じゃがいもは皮ごと大きめに切っても、蒸しながら炒めるので思いのほか早く火が通ります。鮮やかな赤色のおかずなので、お弁当に彩りをプラスしたいときに重宝するかも。


ツナ炒め

にんじんにツナ缶のうまみがしみた和風の炒めもの。余分な水分を抜いた「ひらひらにんじん」を使うので、味がしっかりとなじみます。

1435596

じゃがコーン炒め

5分あれば作れるので、あと一品足りないときにぴったりの炒めものです。最後にしょうゆを回しかけると風味が飛びませんよ。

1435597

絹さやのアンチョビー炒め

独特の香りのアンチョビーを加えれば、炒めるだけでワインにも合う洋風おかずのできあがり! 絹さやは筋を取ったら水に放してシャキッとさせましょう。

1435598

かぶとツナのレンジ塩炒め

耐熱ボウルにツナ缶を汁ごと入れたら調味料とかぶを加えて混ぜましょう。ふんわりとラップをかけて、電子レンジで加熱すれば完成です。

1435599

しっかりと味がついている缶詰の汁は調味料としても優秀。うまみ調味料やだしを使わなくても本格的な味わいに仕上がるので、活用してみてはいかがでしょう?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //