鉄分たっぷり! まぐろの刺し身を使ったお手軽メニュー5選

#食 
「まぐろと長いものレモンカルパッチョ」


まぐろの赤身は良質なたんぱく質をたっぷり摂れる食材。鉄分も多く含まれているので、貧血に悩まされている人にもおすすめです。今回はそんなまぐろの刺し身を使ったお手軽メニューをご紹介。パパっと用意できるので、おかずやおつまみに困ったらぜひ活用してみてくださいね。

まぐろと長いものレモンカルパッチョ


【材料・2人分】

まぐろ(刺し身用・赤身) 1さく(約200g)、貝割れ菜 1/2パック、長いも 10cm(約200g)、レモンソース(レモン汁 1/2個分、めんつゆ[3倍濃縮] 大さじ2、オリーブ油 大さじ1)

【作り方】

1. 貝割れ菜は長さを半分に切る。長いもはポリ袋に入れ、めん棒でたたいて一口大にする。まぐろは薄切りにする。滑りやすい長いもは、ポリ袋に入れてめん棒でたたくほうが、手を汚さないで一口大にできる。

2. 器の周囲にまぐろを並べ、中央に貝割れ菜と長いもを盛り合わせ、レモンソースの材料を混ぜてかける。好みでレモンを飾っても。

(258Kcal、塩分1.6g)

赤身のまぐろにレモン果汁をたっぷりかけて、さわやかな風味に仕上げます。たった10分で調理できるから、忙しい日の食事にもってこい。長いもは滑りやすいので、ポリ袋に入れてからめん棒でたたいてサイズを調整しましょう。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
まぐろと長いものレモンカルパッチョ
チンゲン菜とまぐろの香りあえ
まぐろのキムチユッケ風
まぐろのづけ赤ワイン風味
まぐろのあえもの

ほかにもいっぱい!「まぐろ」のレシピ

■食べてやせるレシピ特集はこちらをチェック!

しっかりおいしく食べて、きれいにやせる!




おすすめ読みもの(PR)