まぐろと長いものレモンカルパッチョ

時短でラク
258kcal
1.6g
10min
まぐろと長いものレモンカルパッチョ
まぐろと長いものレモンカルパッチョ

赤身のまぐろをレモン果汁たっぷりの爽やかな一品に

材料(2人分)

  • まぐろ(刺し身用・赤身)…1さく(約200g)
  • 貝割れ菜…1/2パック
  • 長いも…10cm(約200g)
  • レモンソース
  •  ・レモン汁…1/2個分
  •  ・めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
  •  ・オリーブ油…大さじ1
まぐろ(刺し身用・赤身)…1さく(約200g)
貝割れ菜…1/2パック
長いも…10cm(約200g)
レモンソース
 ・レモン汁…1/2個分
 ・めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
 ・オリーブ油…大さじ1

作り方

  1. 貝割れ菜は長さを半分に切る。長いもはポリ袋に入れ、めん棒でたたいて一口大にする。まぐろは薄切りにする。
    滑りやすい長いもは、ポリ袋に入れてめん棒でたたくほうが、手を汚さないで一口大にできる。
  2. 器の周囲にまぐろを並べ、中央に貝割れ菜と長いもを盛り合わせ、レモンソースの材料を混ぜてかける。好みでレモンを飾っても。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

食材の扱い方・ポイント

まぐろ
まぐろ
日本では、刺し身の中でいちばんの人気を誇るまぐろ。おもに店頭に並ぶのは、「くろまぐろ(ほ…

基本の扱い方

刺し身を切るときは

まぐろは白身魚などと違って、少し大きめに切ります。さくの右側から切りはじめて。写真のように包丁の刃元をさくの手前側に当て、スーッと引きながら切り、最後は刃先をまな板につけて切り離します。よく切れる包丁で一度に切ると切り口がシャープに。組織が壊れないのでうまみが逃げず、見た目もきれいです

盛りつけ

一列に並べるよりも、重ねることによって、見栄えのする盛りつけに。
例えば5切れなら、2切れを土台に置き、3切れを立て掛けるようにして、少しずつずらして重ねます。ずらして盛ると、見た目ばかりでなく、食べるときにも1切れずつ取りやすくなります。
盛るときは、鮮度を落とさないよう、あまり長く手でさわらないように手早く。添えるつまは、大根が多く使われますが、貝割れ菜やきゅうりなど、季節の使いやすい野菜でOKです。

山いも
山いも
山いもは、里いもと同様、日本で古くから栽培されてきたいも。“里のいも”に対して、“山のい…

基本の扱い方

簡単なおろし方(A)

長いも、大和いも(いちょういも)、ともに皮をむくとぬるぬるするので、先端のおろす部分だけ皮をむき、むいていない部分を持っておろします。手早くおろすなら、おろし金が簡単。

簡単なおろし方(B)

少し面倒でもすり鉢でおろすと、なめらかにできます。とろろにする場合は、きめは粗いものの、おろしやすい写真の長いもと、ややおろしにくいものの、口当たりのなめらかな大和いもを、好みで選んで。

酢でかゆみをセーブ

山いもを調理すると手がかゆくなる場合がありますが、調理をする直前に、手に濃いめの酢水をつけることで、かなり防ぐことができます。

切り方

せん切り

料理に応じた長さに切ったら、皮をむき縦薄切りにして、何枚かを重ねて端から細く切ります。

たたく

皮をむき、適当な厚さの輪切りにしたものを、包丁でたたくように刻みます。めん棒などでたたくと、さらになめらかな食感に。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30774品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //