中華料理でも大活躍! 旬の白菜を使った中華レシピ5選 画像(1/2) 「豚肉の中華炒め」 レタスクラブニュースより
「豚肉の中華炒め」 レタスクラブニュースより

調理:石原洋子 撮影:今清水隆宏

寒さによって糖分を蓄える白菜は今がまさに旬。新聞紙などにくるんでおけば長持ちするので、常備しておきたい野菜ですね。くせが少なく、いろいろな料理に使いやすい白菜は、もちろん中華料理にもよく合います。しょうがなどの香味野菜と合わせて、体を温める美味しい中華料理を作りましょう。

【豚肉の中華炒め】(1人分410Kcal、塩分1.6g、調理時間20分)

<材料・2人分>豚こま切れ肉 150g、下味(片栗粉 小さじ2、酒 小さじ1、しょうが汁、塩、こしょう各少々)、きくらげ 大さじ1、白菜 1枚、玉ねぎ 小1/2個、にんじん 1/3本、しょうがの薄切り 3~4枚、合わせ調味料(酒 小さじ2、塩小さじ 1/2、砂糖 小さじ1/3、こしょう 少々、片栗粉 小さじ1、ごま油 少々、中華スープ[とりガラスープの素少々+湯]大さじ3)、サラダ油、ごま油

<作り方>

1. 下味の材料を合わせ、豚肉にもみ込む。きくらげは熱湯でもどして石づきを除き、大きければ半分に。白菜は軸の部分を1×3cmの短冊切りに、葉はざく切りにする。玉ねぎはくし形に切り、にんじんは半月切りにする。

2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、1の豚肉を炒めて取り出す。サラダ油大さじ1を足し、しょうが、玉ねぎ、にんじん、白菜の軸、葉、きくらげの順に炒めて豚肉を戻し入れ、合わせ調味料を混ぜて加える。ごま油少々をふる。

お肉に下味をつける時に片栗粉を加えておくと、炒めた野菜から出た水分と合わさって自然にとろみがつきます。肉汁も閉じ込められて柔らかくジューシーに。たっぷりの野菜ときのこ、お肉が入った料理は、ごはんにかけてどんぶりにしても美味しく食べられそうですね。


【えびと白菜の中華うま煮】

ざく切りにして冷凍した白菜を使います。甘い白菜とえびが作り出すハーモニーを楽しんで。

中華料理でも大活躍! 旬の白菜を使った中華レシピ5選 画像(3/2) 「えびと白菜の中華うま煮」 レタスクラブニュースより
「えびと白菜の中華うま煮」 レタスクラブニュースより

調理:牧野直子 撮影:野口健志


【白菜の餃子】

皮から作る手作りの餃子。具は白菜と豚肉がメインなので、しっかりと白菜の美味しさを味わえます。


【中国式しゃぶしゃぶ】

シンプルな干ししいたけのスープで、肉と野菜をしゃぶしゃぶ。別に用意した薬味とたれで、好みの組み合わせを見つけるのも楽しみのひとつ。


【白菜とはるさめのサンラータン風】

ピリ辛なとろみがごはんにもよく合います。具材は長さと細さをそろえて切って。


【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】