(まいたけ)

まいたけの基本情報

まいたけ

まいたけの特徴

名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年代中ごろに人工栽培に成功し、現在は人工栽培で生産されています。黒いまいたけが一般的ですが、白まいたけも流通しています。
歯切れがよく、独特の味と香りがあり、遊離アミノ酸などのうまみ成分も豊富で、きりたんぽ鍋などの鍋もののほか、煮もの、汁もの、炒めもの、揚げもの、炊き込みごはんなどに合います。鍋ものや汁ものにした場合、汁にはまいたけの成分がたくさん溶け出ているので、残さず飲みましょう。

まいたけの選び方ガイド

栽培ものなので大きな差はありませんが、先端までぴんとしていて、しおれていないものを。

食材事典へ戻る