(かに)

かにの基本情報

かに
撮影:砂川千恵子

かにの特徴

市場に多く出回るかにには、大型の「たらばがに」「ずわいがに」、中型の「毛がに」などがあります(画像はたらばがに)。
「たらばがに」は、日本海から北海道沿岸、オホーツク海からアラスカ沿岸まで分布し、大型のかにの中では味がよく、特に缶詰は、かにの缶詰の中でも最高級品です。実はかにでなく「やどかり」の仲間で、「たら」の漁場と重なることからこの名がつきました。
「ずわいがに」は日本海の冬の味覚。味がよく、高価です。地方によって、「松葉がに」「越前がに」などとも呼ばれ、また、雄雌や大きさなどによってもいろいろな呼び名があります。
「毛がに」は北海道の名産として有名。身は甘みがあり、かにみそがたっぷり入っているのが特徴です。日本海、宮城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸まで分布していて、輸入品も増えています。
いずれも、新鮮なものは生のまま刺し身にしたり、ゆでたり、焼いたり、鍋の具にしたりします。ゆでた身は、サラダや酢のもの、中華スープなどにも合います。
一般に流通するものは、ゆでた状態のものがほとんどですが、冷凍ものや、身をほぐしてフレーク状にしたもの、足は殻から出された状態のものなど、手軽に使えるものもあります。

かにの選び方ガイド

持ち比べてみて、ずっしりと重みのあるものが、身が詰まっています。ゆでてある場合は、殻が鮮やかな赤色をしているものを選んで。

食材事典へ戻る