コーンパン

1431kcal
5.1g
コーンパン
コーンパン

ふかふかの生地に、とうもろこしがたっぷり

材料(1斤分)

とうもろこし…小1本
コーンミール…大さじ1/2〜1
強力粉…250g
インスタントドライイースト…2g
スキムミルク…8g
バター(食塩不使用)…30g
グラニュー糖…30g
塩…5g
冷水…3/4カップ

作り方

  1. ホームベーカリーのパンケースに強力粉、スキムミルク、グラニュー糖、塩を入れる。バターを1cm角に切って加え、冷水を加える。ドライイーストは自動投入口に入れる。

    ⇒ドライイーストの自動投入口がない場合
    パンケースに強力粉を中央が高く山になるように入れる。端にスキムミルク、グラニュー糖、塩を入れ、バターを1cm角に切って加え、冷水を周囲から回し入れる。ドライイーストは塩と水分に触れないように、粉の山のてっぺんに、くぼみを作って入れる。
  2. “ドライイースト”、“食パン”、“具材の投入あり(合図音あり)”のコースを選び、スタートボタンを押す。
  3. とうもろこしは皮を1枚分残してラップで包み、電子レンジで約3分加熱する。そのままさまし、包丁で実をそぎ取る(正味100〜130gになる)。ペーパータオルで水けをよく拭く。
    とうもろこしは縦に持ち、包丁で実をそぎ取る。水分が多いと、生地に混ざりにくくなるので、ペーパータオルでよく拭いて。
  4. 具材の投入合図音が鳴ったら(スタートから1時間〜1時間30分後)、ふたをあけ、3を入れ、ふたを閉める。
    合図音が鳴ったら、とうもろこしを加える。実は練りのときにほぐれ、徐々に混ざるので一粒一粒にばらさなくてOK。
  5. 発酵が終わり、焼きに入る直前(焼き上がりの約50分前。自分でタイマーをセットしておくとよい)になったらふたをあけ、生地の上部全体にコーンミールをふる)。ふたを閉め、そのまま続行する。
    とうもろこしを粗く砕いた粉「コーンミール」を上にふることで、とうもろこしの風味がアップし、食感もよくなる。
  6. 焼き上がったら、ミトンなどでパンケースを逆さにして持ち、底をたたいて取り出し、網にのせてさます。
    焼き上がり!

※カロリー・塩分は1斤分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

ここでは、パナソニックのホームベーカリーを使用しています。
付属品名称、取り扱いは機種によって多少異なります。取扱説明書に従って操作してください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • キッチンミノル

食材の扱い方・ポイント

とうもろこし
とうもろこし
南アメリカ原産。コロンブスがヨーロッパに持ち帰って世界中に広まり、なくてはならない穀類・…

基本の扱い方

皮をむく

皮は調理の前にむき、ひげまできれいに除きます。むきにくいときは、1枚ずつ、根元のほうへ引っ張って。

実をはずす(1)

包丁の刃元を実に縦に差し込み、えぐるようにして、2〜3列はずします。

実をはずす(2)

はずした部分に親指をあて、つけ根に力を入れて、はずしていきます。こうすると栄養の多い胚芽まで、きれいにはずれます。

電子レンジで加熱

そのまま食べる場合や、加熱してから調理する場合は、電子レンジが手軽。
皮をむいたら、ラップで全体をぴったりと包み込み、電子レンジで加熱します。1本(約300g)当たり、約6分を目安にして。
皮つきの場合は、皮をむかずに、そのまま加熱してもOK。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //