ダイエット中でも食べてOK! カロリー控えめなとりささ身の揚げもの5選

#食 
「ささ身のチキンカツ」

とり肉は他の肉と比べてヘルシーな食材。とくにささ身は脂肪がほとんどなく、とり肉の中で最も多くたんぱく質を含んでいるので、ダイエット中の人にうってつけです。今回はそんなささ身を使った揚げものを5品ご紹介。おいしい肉料理を食べて、無理せずキレイになっちゃいましょう♪

ささ身のチキンカツ

【材料・2人分】
とりささ身 小4本(約160g)、ベビーリーフ 1パック、レモンのくし形切り 2切れ、水溶き小麦粉 小麦粉小さじ2+水大さじ1、パン粉、塩、こしょう、揚げ油、トマトケチャップ、粒マスタード
【作り方】
1. ボウルに目の細かいざるを重ねてパン粉大さじ4を入れ、スプーンの背を押しつけながらパン粉をこして細かくする。ささ身は厚い部分に切り目を入れて観音開きにし、厚さを均等にする。塩、こしょう各少々をふる。ささ身は開いて厚みを均一にする。火の通りがよくなるだけでなく、チキンカツを大きく見せる効果も。
2. 水溶き小麦粉の材料を混ぜて、ささ身をさっとくぐらせ、パン粉をつける。
3. フライパンに1cm深さの揚げ油を中温(約170℃)に熱し、2を入れて2~3分揚げる。カラリとしたら取り出して油をきり、器に盛る。ベビーリーフ、レモン、ケチャップ大さじ1、粒マスタード小さじ1を添える。
(153Kcal、塩分1.0g)
ころもに溶き卵ではなく、水溶き小麦粉を使うことでカロリーダウン。ささ身は厚い部分を切り開き、厚みを均一にすると火が通りやすくなります。ケチャップや粒マスタードを添えて、ちょっとジャンクな味わいを楽しみましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //