切り身で作るから簡単&お手軽! 冬のごちそう「ぶり大根」

#食 
さっと湯通しして洗うひと手間で臭みがとれ、おいしく仕上がる


冬になると、「あれ食べたいな……」と思い出すのがぶり大根。中までしっかり味のしみ込んだ大根と、ふっくら煮上がったぶりのおいしさは格別で、まさに冬のごちそうと呼びたくなるメニューです。ぶりの湯通しと大根の下ゆではちょっと手間がかかりますが、これさえしておけばおいしくできたも同然! くさみのない、うまみたっぷりのぶり大根が作れますよ。

シンプルぶり大根


【材料】(2人分)

ぶり 2切れ、大根 20cm(約500g)、しょうが 1/2かけ、米 大さじ2、みりん、しょうゆ

【作り方】

1.小鍋に湯を沸かし、ぶりを入れてさっと湯通しし、色が変わったら冷水にとる。うろこや血を丁寧に除き、ペーパータオルで水けを拭く。3~4等分に切る。

ぶりは表面の色が変わるくらいにさっと湯通しすればよい。うろこが立ってくるので、ざらざらがなくなるまで指でこする


2.大根は2cm厚さの半月切りにする。鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、米を加えて火にかける。煮立ったら弱火にし、約8分ゆで、菜箸を刺してみてすーっと通るようになったらざるにあける。流水で洗い、まわりについた米を落とす。

大根は大きく切って煮ていくので、最初にしっかり火を通し、やわらかくしておく


3.鍋をきれいにし、2、1と、みりん、しょうゆ各大さじ2を入れる。かぶるくらいの水を注ぎ、しょうがを薄切りにして加え、火にかける。

具を入れたときに鍋の六分目くらいになるサイズの鍋を使うとよい


4.煮立ったらアクを除き、煮汁が全体にまわったら落としぶたをして、煮汁が鍋底から2cmくらいになるまで煮る。火を止めてそのままおいてさまし、煮汁を吸わせる。食べるときに再び火にかけて温める。

落としぶたがなければオーブン用ペーパーなどで代用しても。煮ものはさめることで味が入るので、いったんさまし、食べる前に再度温めて


(278kcal、塩分2.6g)

文=O子

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
シンプルぶり大根

こちらもおすすめ!
ぶりのガーリックステーキをチェック!



■プチ贅沢したいときにぴったり!おつまみ特集はこちらをチェック!

プチ贅沢したいときにぴったり!簡単&おいしいおつまみレシピはこちら!










おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //