うすいハムもメインおかずにレベルアップ! ご飯がすすむ「基本のハムカツ」

#食 
サクサクの歯ごたえ&ジューシーな味わいが人気


パンにはさんだりサラダに加えたりと、脇役的なポジションが多めのハム。そんなハムが主役になる一品が! それが「ハムカツ」。うすいハムでも食べごたえバッチリのメインおかずになるから、お財布がピンチの時には大助かり。少ない油で揚げ焼きにできるのもうれしいポイントです。おいしく揚げるコツは、ころもをつけた後、冷蔵庫で10分ほど休ませること。こうすることでころもがはがれにくくなり、見た目もきれいに仕上がります。揚げたてに、からしとウスターソースをつけてほおばれば、ご飯もビールもグイグイすすみますよ!

基本のハムカツ


【材料】(2人分)

ハム 8枚、バッター液(溶き卵 1/2個分、牛乳 大さじ3、小麦粉 大さじ3、マヨネーズ 大さじ1、こしょう 少々)、小麦粉、パン粉、サラダ油

【作り方】

1.ハムは2枚重ねて1組にし、小麦粉を薄くまぶす。バッター液の材料をボウルに入れてよく混ぜ、ハムを1組ずつからめる。

2.バットにパン粉1カップを入れ、1を入れてまぶし、手で押さえてパン粉をつける。別のバットなどに並べ、冷蔵庫で10分ほど休ませる。こうすると、ころもがはがれにくくなる。

3.フライパンに約1cm深さの油を入れて熱し、弱めの中火にして2を2組ずつ入れて約2分、きつね色になるまで揚げ焼きにする。裏返してさらに約2分揚げ焼きにし、全体がきつね色になったら取り出し、油をきる。残りも同様に揚げ焼きにする。

4.食べやすく切って器に盛る。好みでウスターソース、練りがらしと、キャベツのせん切りを添えても。

(478kcal、塩分2.5g 調理/きじまりゅうた、栄養計算/スタジオ食)

文=O子

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
基本のハムカツ

こちらもおすすめ!
ハムカツサンドをチェック!

■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)