旬が終わる前に! ぶりを使った中華風おかず5選 画像(1/5) 「ぶりのにらもやしあん炒め」

冬が旬の「ぶり」。「照り焼き」や「ぶり大根」にすることも多いですが、旬が終わる前にいつもと違った食べ方に挑戦してみてはいかが? 今回は、ぶりを使った中華風おかず5選をご紹介。バリエーション豊富でいろいろな味を楽しめるので、あれこれ作ってみてくださいね。


ぶりのにらもやしあん炒め(288Kcal、塩分2.1g)

【材料・2人分】

ぶり 2切れ、にら 1わ、もやし 1/2袋(約100g)、合わせ調味料(酒 大さじ1、片栗粉、しょうゆ 各小さじ1、塩、砂糖 各小さじ1/3、こしょう 少々、水 大さじ4)、塩、こしょう、サラダ油、片栗粉、ごま油

【作り方】

1. にらは4~5cm長さに切る。ぶりは1cm厚さのそぎ切りにし、塩小さじ1/3をふって約10分おく。水けをペーパータオルで拭き、こしょう少々をふる。

2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、ぶりに片栗粉を薄くまぶして並べ入れる。両面を3~4分かけてこんがりと焼き、いったん取り出す。

3. フライパンの油をペーパータオルで拭き、中火で熱してにら、もやしをさっと炒める。合わせ調味料を加え、混ぜながら煮立ててとろみをつけ、ぶりを戻し入れる。ごま油小さじ1/2を加えて混ぜる。

どこか懐かしい味わいで、やさしい口当たりにほっとできる1品。にらともやしは食感を生かすため、サッと炒める程度でOKです。こんがりと焼いたぶりに、とろとろのあんをかけて召し上がれ。


ぶりのピリ辛煮

ピリッときいた赤とうがらしの辛みがたまりません。野菜もたくさん食べられるので栄養バランスもばっちりです。

旬が終わる前に! ぶりを使った中華風おかず5選 画像(3/5) 【関連レシピ】「ぶりのピリ辛煮」

ぶりの中華フリッター

ころもにビールを加えるのがポイント。サクサク感がよりアップするので、ぜひ試してみましょう。

旬が終わる前に! ぶりを使った中華風おかず5選 画像(6/5) 「ぶりの中華フリッター」

ぶりのピリ辛マヨ炒め

にんにくのこうばしい香りが食欲を刺激します。まろやかなマヨネーズとピリ辛の豆板醤がベストマッチ。

旬が終わる前に! ぶりを使った中華風おかず5選 画像(10/5) 「ぶりのピリ辛マヨ炒め」

ぶりのから揚げ黒酢ねぎだれ

自家製の黒酢ねぎだれが絶品。香味野菜に黒酢、しょうゆや砂糖が絶妙なハーモニーを奏でます。

旬が終わる前に! ぶりを使った中華風おかず5選 画像(15/5) 「ぶりのから揚げ黒酢ねぎだれ」

ぶりは身に透明感があり、血合いが鮮紅色のものが新鮮な証拠。血合いが黒ずんでいるものは古くなっているので、購入する際はぜひ参考にしてくださいね。