プリプリ食感がやっぱり大好き♪ えびマヨ料理5選

#食 
「簡単えびマヨ」


えびとマヨネーズを組み合わせた「えびマヨ」料理は、ほどよい甘みとまろやかな味わいが楽しめるメニュー。炒めものやあえものなど調理方法を変えれば、さまざまなテイストに出会えます。今回はマヨネーズのコクをきかせたえびマヨ料理5選をご紹介。パパッと作れる簡単な料理や日持ちするメニューなどが登場するので、気になる1品を見つけてくださいね。

簡単えびマヨ


【材料・2人分】

えび 10尾、レタス 3~4枚、マヨソース(マヨネーズ 大さじ3、おろしにんにく 小さじ1、 砂糖 大さじ1強、みそ 大さじ1)、ころも(溶き卵 1個分、小麦粉 大さじ3、片栗粉 大さじ1)、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. えびは殻と尾を除いて竹串で背わたを除き、ペーパータオルで押さえて水けを拭く。

2. ポリ袋に片栗粉小さじ1とえびを入れ、袋ごとふってえびに粉をまぶす。ボウルにころもの材料を入れてよく混ぜ合わせ、えびを入れたポリ袋に加えてしっかりとからめる。

3. フライパンに油大さじ3を熱して2を入れ、途中上下を返しながらえびの色が赤くなるまで揚げ焼きにする。取り出して油をきり、粗熱がとれるまでおく。えびはころもをしっかりとからめてフライパンに入れる。少ない油でもカリッとし、マヨソースもよくからむ。

4. 別のボウルにマヨソースの材料を入れて混ぜ合わせ、3のえびを加えてあえる。

5. レタスは縦半分、横1cm幅に切って器に盛り、4をのせる。

(1人分427Kcal、塩分2.1g、調理時間10分)

マヨソースに隠し味のみそを大さじ1杯入れるのがおいしく作るコツ。ころもをえびにしっかりなじませてから揚げると、マヨソースがからみやすくなります。お皿にレタスをしきつめてから、えびマヨを盛りつけましょう。

えびマヨ風フリッター


コンデンスミルクを混ぜたソースが味の決め手。えびは中温で熱した油で1~2分揚げるとカリッと仕上がります。

サクサクのころもが絶品の「えびマヨ風フリッター」


えびのマヨソースあえ


えびは塩と片栗粉をまぶしてからよくもみます。さらにごま油を加えれば、下ごしらえは完了。

「えびのマヨソースあえ」


えびのチリマヨあえ


豆板醤の辛みとマヨネーズのマイルドな味がマッチ。ゆでたえびに水分が残っているとソースの味が薄くなるので、漏れなく拭きとってくださいね。

「えびのチリマヨあえ」


えびのマヨネーズあえ


酢の酸みがきいたドレッシングがクセになる味です。もし一度に全て食べきれなくても、冷蔵庫で3~4日保存可能。

「えびのマヨネーズあえ」


えびの調理で欠かせないのが背わたの処理。竹串を使えばスムーズに取り除けますが、竹串がない場合はつまようじで代用するといいですよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //