平日はこれで乗り切る! 「大根」を使った月~金のメイン料理 画像(1/5) 「大根のハムサンドフライ」

12月から2月にかけて、大根は甘みを増して美味しくなります。煮てもよし揚げてもよしの万能食材である大根は、冬の食卓には欠かせない存在ですよね。今回は、大根を使った家庭の定番料理をご紹介。さまざまな種類の大根料理をマスターすれば、献立作りに役立つこと間違いなしです。

大根のハムサンドフライ

【材料・8個分・2~3人分】

大根 小1/3本(約8cm)、ロースハム 4枚、スライスチーズ 4枚、ベビーリーフ 適量、ころも(小麦粉、溶き卵、パン粉 各適宜)、揚げ油、中濃ソース

【作り方】

1. 大根は16等分の輪切りにする。

2. ハム、スライスチーズは半分に切り、ハムの上にスライスチーズをのせ、半分に折りたたむ。ハムとチーズは半分に折ってから大根にのせると大根からはみ出さず、きれいに揚げられる。

3. 大根1切れに2を1セットのせ、さらに大根1切れではさむ。残りも同様にし、計8セット作る。小麦粉を薄くまぶし、溶き卵、パン粉の順にころもをつける。

4. フライパンに揚げ油を2cm深さまで入れ、中温(約170℃)に熱する。3を入れ、途中上下を返しながら8~9分揚げる。きつね色になったら取り出して油をきる。

5. 器に盛り、ベビーリーフを添え、中濃ソース適量をかける。

(1人分384Kcal、塩分1.8g)

とろとろチーズとハムを大根ではさみ、カツのように揚げた1品。ハムとチーズは半分に折ってから大根にのせると、綺麗に仕上がります。上手に揚げるコツは、8分程度を目安にカツがきつね色に変わったら油から出すこと。

大根チヂミ

大根は5cm程度の細切りにして、塩をふってしんなりさせましょう。豚肉や小麦粉と大根を混ぜる際は、水けをとるのがポイント。

平日はこれで乗り切る! 「大根」を使った月~金のメイン料理 画像(3/5) もっちりした食感がたまらない「大根チヂミ」

大根キーマカレー

濃厚なカレーの味と大根の食感がたまりません。粉っぽさがなくなったところで水を加えると、だまを作らずに済みます。

平日はこれで乗り切る! 「大根」を使った月~金のメイン料理 画像(6/5) 「大根キーマカレー」

大根グラタン

やわらか大根と玉ねぎの風味が味わい深い1品です。鍋で煮るときに大根から水が出るので、煮るときの水は1/2カップでOK。

平日はこれで乗り切る! 「大根」を使った月~金のメイン料理 画像(10/5) 「大根グラタン」

大根のシチュー

コクのあるビーフシチューのうまみを吸った大根が食欲をそそります。ルーを加える前に、アクを取りながら弱火で具材を煮ましょう。

平日はこれで乗り切る! 「大根」を使った月~金のメイン料理 画像(15/5) 「大根のシチュー」

大根は使用する部位によって、栄養素や相性の良い料理が異なります。煮物を作るときは、中央の白い部位がおすすめ。他の部位より甘みがあって柔らかいため、相性バツグンですよ。