忙しい年始めは事前に準備! 作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選 画像(1/5) 「チキンフリカッセ」

バタバタと忙しい時に、作り置きしたおかずでさっとごはんを用意できたら便利ですよね。しかし作り置きおかずと聞くと、副菜やちょっとした1品を想像する方も多いのでは? そこで今回は、作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選をご紹介。作り置き料理のレパートリーを増やして、忙しい時期を乗りきりましょう!

チキンフリカッセ

【材料・6人分・約1.8kg】

とりもも肉 小2枚(約400g)、生クリーム 1/2カップ、にんじん 1本、玉ねぎ 小2個、エリンギ 4本、じゃがいも 2個、とりガラスープの素 小さじ1/2、強力粉 70g、塩、バター(食塩不使用)

【下ごしらえ】

1. にんじんは小さめの乱切りに、玉ねぎは縦半分に切って2cm幅のくし形切りに、エリンギは2cm角に、じゃがいもは3cm角に切る。

2. とり肉は6等分に切り、塩小さじ1をふってしばらくおく。

【作り方】

1. 大きめの鍋ににんじん、玉ねぎ、エリンギを入れる。水1.5L、スープの素を加えて火にかける。沸騰したらとり肉を重ならないように入れて、強火にする。アクが出たら除きながら約10分煮て、じゃがいもを加え、さらに約5分煮る。ボウルにざるを重ねて、汁ごと注ぎ、具と汁に分ける。

2. 1の鍋をきれいにし、バター75gを入れて弱火にかける。バターが完全に溶けたら強力粉を加え、端から中央に向けて絶えず木べらで混ぜながら炒め合わせる。全体にぼそぼそとして、木べらにとって逆さにしたときにぼてっと落ちるくらいのとろみがついたら、1の汁を少しずつ加え、“だま”にならないように丁寧に溶きのばす。

3. 汁をすべて加えたら中火にし、鍋の底を木べらで混ぜながら約5分煮る。汁にとろみがついたら具を戻し入れ、具と汁がなじんだら塩小さじ1/2で調味する。生クリームを加えて混ぜ、さっと煮る。

4. 粗熱がとれたら保存容器に入れて冷蔵庫に移し、完全にさめてからふたをする。この状態で3~4日保存可能。

※すぐ食べるなら(2人分):1/3量を器に取り分けて、パセリのみじん切り適宜をふる。

(1人分407Kcal、塩分1.8g)

今回はにんじん、玉ねぎ、エリンギ、じゃがいもを使いましたが、冷蔵庫にある野菜を加えてアレンジしても◎。全ての具材を鍋で煮て、粗熱がとれたら保存容器に入れ冷蔵庫に移します。完全にさめてからふたをすれば、3~4日保存が可能。

とりハム

手ごろなとり肉がごちそうハムに変身! おろしにんにく、ローリエ、白ワインを合わせた漬け汁にお肉を浸せば、柔らかな仕上がりになるはずです。

忙しい年始めは事前に準備! 作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選 画像(3/5) 白ワインでじっくり漬ける「とりハム」

ゆで豚

酒、青ねぎ、しょうがと一緒に強火で煮込みます。食べやすい大きさに切ってサラダ菜で巻いてみたり、ラーメンにのせて召し上がれ♪

忙しい年始めは事前に準備! 作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選 画像(6/5) 「ゆで豚」

とりチャーシュー

お肉を棒状にし、等間隔でたこ糸をしっかり結んでいきましょう。フライパンで熱するときは、巻き終わりが焼き固まってから全体に焼き色をつけるとGOOD。

忙しい年始めは事前に準備! 作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選 画像(10/5) 「とりチャーシュー」

とりみそつくね

ボウルに材料を入れたら、粘りが出るまでよく練り混ぜるのがポイント。お弁当のおかずとしても重宝しますよ。

忙しい年始めは事前に準備! 作り置きなのに主役を飾れる肉料理5選 画像(15/5) 「とりみそつくね」

タッパーや保存袋に入れて保存可能なため、冷蔵庫の場所をあまり取らずにしまえるのも嬉しいところ。後片づけもらくちんなので、忙しい時はぜひ試してみてくださいね。