とりチャーシュー

945kcal
7.5g
とりチャーシュー
とりチャーシュー

焼いてうまみを閉じ込める

材料(作りやすい分量)

  • とりもも肉…2枚(約500g)
  • にんにく…1片
  • しょうが… 1/2かけ
  • 赤とうがらし…1本
  • 合わせ調味料
  •  ・酒…大さじ2
  •  ・しょうゆ…小さじ4
  •  ・オイスターソース…大さじ1
  •  ・砂糖…大さじ1/2
  • ・塩、こしょう、ごま油
とりもも肉…2枚(約500g)
にんにく…1片
しょうが… 1/2かけ
赤とうがらし…1本
合わせ調味料
 ・酒…大さじ2
 ・しょうゆ…小さじ4
 ・オイスターソース…大さじ1
 ・砂糖…大さじ1/2
・塩、こしょう、ごま油

作り方

  1. とり肉は余分な脂を取り、身の厚い部分は切り開いて厚みを均一にし、塩小さじ1/4を全体にすり込む。横長に置いてこしょう少々をふり、手前から巻いてロール状にし、縦にしてたこ糸でひと巻きして端を結ぶ。横にして端から2cm間隔で巻き、巻き終わりを結ぶ。
  2. にんにくは包丁の腹で潰し、しょうがは7〜8mm厚さに切る。とうがらしは種を取り除く。
  3. フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、1の巻き終わりを下にして入れ、全体に焼き色をつける。余分な脂をペーパータオルで拭き取り、2、水1 1/4カップを加える。
    巻き終わりが焼き固まってから、全体に焼き色をつける。
  4. 沸騰したら合わせ調味料を加えてふたをし、時々上下を返しながら約10分煮る。汁にとろみがつき、肉に竹串を刺して透明な汁が出てきたら火を止め、そのままさます。

※カロリー・塩分は全量ででの表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

瀬戸口しおり
料理家。セツ・モードセミナー在学中に、吉祥寺にあったレストラン「諸国空想料理店KuuKuu」のスタッフとして働き始め、同店のシェフであった料理家・高山なおみのアシスタントを経て独立。著書に「私の手料理」(アノニマ・スタジオ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30852品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //