低コストだからお財布に優しい♪ 野菜とささ身のあえもの5選 画像(1/5) 「ささ身とキャベツのからしポン酢あえ」

弾力のある歯ごたえが楽しいとりのささ身。今回は、やわらかい歯ごたえを活かした野菜とささ身のあえもの5選をご紹介します。

ささ身とキャベツのからしポン酢あえ

【材料・2人分】

キャベツ 小1/3個(約330g)、とりささ身、3本(約150g)、貝割れ菜 1/2パック、ポン酢じょうゆ 大さじ2、ごま油 大さじ1、練りがらし 小さじ1/3

【作り方】

1. キャベツは大きめの一口大に切る。

2. 鍋にたっぷりの熱湯を沸かして塩を加え、キャベツを入れてさっとゆで、ざるに上げて湯をきる。同じ湯にとりささ身を入れて約3分30秒ゆで、湯をきって粗熱をとり、手で粗く裂く。

3. ボウルにポン酢じょうゆ、ごま油、練りがらしを入れて混ぜ、2、貝割れ菜を加えてあえる。

(1人分180Kcal、塩分1.3g)

練りがらしを使ったささ身のポン酢あえ。ゆでたキャベツとささ身に調味料をあえ、貝割れ菜を加えたら完成です。食材全体に広がった練りがらしが味の決め手。ポン酢のかんきつ系の酸っぱさと、キャベツの甘みが相性ぴったりでやみつきになります。

ささ身と豆もやしの中華あえ

濃厚なごまだれが香ばしい中華風味のメニュー。ささ身はレンジで加熱し、やわらかくしてから細かくほぐしましょう。酢じょうゆで引き立てられたささ身の食感が楽しめます。シャキシャキした口当たりは、食べごたえもありおつまみにしても◎

低コストだからお財布に優しい♪ 野菜とささ身のあえもの5選 画像(3/5) 中華風のごまの香りが引き立つ「ささ身と豆もやしの中華あえ」

ささ身とミニトマトのピリ辛あえ

豊かな色合いが食卓を華やかに彩る1品です。豆板醤を使ったピリ辛だれに、トマトの酸みがプラスされておいしさアップ。中華だれは4~5日保存しておくこともできますよ。しっかりとした味つけなので、豪快にご飯にのせて食べてもOKです。

低コストだからお財布に優しい♪ 野菜とささ身のあえもの5選 画像(6/5) 「ささ身とミニトマトのピリ辛あえ」

ささ身と貝割れの酢みそあえ

はちみつみそを使った味わい深い副菜。“みそあえ”ならではの甘じょっぱいテイストで、ご飯のうまみが際立ちます。生のまま加える貝割れ菜の苦みが、濃い味のみそだれをさわやかな風味に。はちみつの甘さが、ほんのりと舌にからんでクセになるはずです。

低コストだからお財布に優しい♪ 野菜とささ身のあえもの5選 画像(10/5) 「ささ身と貝割れの酢みそあえ」

ささ身ときのこののり梅あえ

きのこのうまみを凝縮するため、3~4分酒蒸しするのがポイント。蒸したきのこに梅を加えれば、下ごしらえは終了です。きのこの酒蒸しは冷蔵保存できるので、多めに作って作り置きすることも可能。のりが加わって磯の香りが漂う上品な味わいに仕上がります。

低コストだからお財布に優しい♪ 野菜とささ身のあえもの5選 画像(15/5) 「ささ身ときのこののり梅あえ」

味が淡泊でさっぱりしたささ身。アレンジ次第で様々なバリエーションの調理ができます。お財布にもやさしいあえもの料理をぜひ試してみてください。