ミネラルたっぷり召し上がれ♪ わかめと肉のガッツリサラダ5選

#食 
「焼き肉サラダ」


サラダといえば野菜をイメージしがちですが、ボリュームたっぷりな肉サラダもおすすめ。今回は野菜が苦手な人も箸が進む、食べごたえ満点のサラダをご紹介します。

焼き肉サラダ


【材料・3~4人分】

牛焼き肉用もも肉 300g、下味(長ねぎのみじん切り 大さじ3、おろしにんにく 小さじ1/2、しょうゆ 大さじ3、ごま油 大さじ2、みりん、砂糖 各大さじ1と1/2、豆板醤[トウバンジャン] 小さじ1、こしょう 少々)、大根 4cm(約180g)、にんじん 4cm(約80g)、サニーレタス 4枚、塩蔵わかめ 40g、白いりごま 小さじ1/2、ごま油、塩

【作り方】

1. 牛肉は下味に漬け込んで、約30分おく。

2. わかめは流水で洗って、たっぷりの水に約10分つけて、ざるにあける。熱湯をかけてすぐに冷水にとり、水けを軽く絞って一口大に切る。大根は縦薄切りにして1cm幅の短冊切りにする。にんじんも同様に切る。ボウルにわかめ、大根、にんじんを入れ、ごま油大さじ1を加えて混ぜ合わせ、さらに塩少々を加えてさっと混ぜる。野菜にもごま油と塩で味をつけておくと、下味のついた肉を合わせても、全体的に味がまとまりやすい。

3. 器全体にサニーレタスを敷き、2を広げ入れる。

4. フライパンにごま油小さじ2を熱し、1の汁けを軽くきって入れて焼く。途中で上下を返し、両面にこんがりと焼き色がついたら3にのせ、白ごまをふる。

(1人分315Kcal、塩分2.7g)

食感をアップさせるため、野菜は1cm幅の短冊切りにカット。メインの牛肉は下味に30分漬けこんでから、ごま油で両面をこんがり焼いていきます。野菜にもあらかじめごま油と塩で下味をつけておくと、全体的に味がまとまってGOOD。

わかめととり肉の韓国風サラダ


粉とうがらしがピリリと刺激的な韓国風サラダです。とりのささ身は中心から切り開き、電子レンジを使えば時短になって◎。わかめは1度熱湯を回しかけることで、ふっくらして歯ごたえがよくなりますよ。

にんにくやしょうがで新陳代謝アップ!「わかめととり肉の韓国風サラダ」


牛しゃぶのごまだれサラダ


熱湯で1枚ずつゆでる牛肉は、色が変わったら取り出す合図。冷水にさらさなくても、ペーパータオルで水分を拭き取れば粗熱を取ることができます。白練りごまと白すりごまを使ったごまだれのうまみで、おかずにも最適な濃い味わい。

「牛しゃぶのごまだれサラダ」


蒸しどりのわかめあんかけ


しっとりしたとりむね肉を、とろっとしたあんかけでいただく上品な1品です。フライパンに酒や水を入れて蒸し焼きにすることで、パサつきがちなとりむね肉がジューシーに。わかめはあらかじめもどさずに、煮汁の材料とそのまま煮てください。

「蒸しどりのわかめあんかけ」


豚しゃぶとふきのサラダ仕立て


旬のふきを使った、季節の味が楽しめるサラダ。塩をふったふきをまな板の上で押しながら転がすと、筋が取れて色鮮やかに仕上がります。さっとゆでた豚肉を冷水でしめて、ポン酢じょうゆとごま油のたれでめしあがれ。

「豚しゃぶとふきのサラダ仕立て」


わかめには血中コレステロールを下げたり、高血圧を防ぐ効果もあります。罪悪感なく、肉と野菜をたっぷり食べましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //