夏休みにお金を使いすぎた~!な時に嬉しい「厚揚げのボリューム炒めもの」5選 画像(1/5) 「厚揚げとズッキーニのそぼろ炒め」

ねぎや削りがつおをふりかけるだけで、十分おいしく食べられる厚揚げ。そのままでもおかずになる食材ですが、炒めものにすると風味が増してボリュームもアップします。今回はお財布のピンチを助ける厚揚げの炒めものをご紹介。ふんわりした食感を楽しめる厚揚げで、節約にチャレンジしてみませんか?

厚揚げとズッキーニのそぼろ炒め

【材料・2人分】

豚ひき肉 120g、厚揚げ 1枚(約150g)、ズッキーニ 1本、ごま油 大さじ1/2、合わせ調味料(オイスターソース、酒 各大さじ1、しょうゆ 小さじ1、砂糖 小さじ1/2)

【作り方】

1. 厚揚げは1cm厚さの一口大に切る。ズッキーニは1cm厚さの輪切りにする。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を中火で熱し、ズッキーニ、厚揚げを並べて両面を焼き色がつくまで焼く。端に寄せ、あいたところに豚ひき肉を入れて炒める。

3. 肉の色が変わったら余分な脂を拭き取り、合わせ調味料を加えてさっと炒め合わせる。

(1人分308Kcal、塩分1.5g)

色鮮やかなズッキーニと厚揚げを、コクが出るオイスターソースで味つけした炒めもの。厚揚げとズッキーニはひと口サイズにカットして、ごま油を入れたフライパンでこんがり焼きます。豚挽き肉の色が変わったら、余計な油を拭き取るのがポイント。

厚揚げと小松菜の卵炒め

厚揚げと小松菜を卵で炒めることで、素材本来の味が際立つ1品。豆板醤のピリッとした辛みはご飯とも相性抜群ですよ。

夏休みにお金を使いすぎた~!な時に嬉しい「厚揚げのボリューム炒めもの」5選 画像(3/5) ふんわりした食感がたまらない「厚揚げと小松菜の卵炒め」

厚揚げとなすのみそ炒め

みょうがの独特な香りは、カリッとした食感の厚揚げと見事にマッチします。みそがしっかり絡むように、みりんと水を加えた後に混ぜ合わせてくださいね。

夏休みにお金を使いすぎた~!な時に嬉しい「厚揚げのボリューム炒めもの」5選 画像(6/5) 「厚揚げとなすのみそ炒め」

厚揚げと小松菜のオイスター炒め

調理時間わずか10分で完成するスピードメニューです。厚揚げは白い面が多くなるように切ると、炒めるだけで味が染みやすくなり◎

夏休みにお金を使いすぎた~!な時に嬉しい「厚揚げのボリューム炒めもの」5選 画像(10/5) 「厚揚げと小松菜のオイスター炒め」

きゅうりと厚揚げのバタポン炒め

バターとぽん酢じょうゆが味の決め手になっており、ご飯はもちろんパンと一緒に食べるのもおすすめ。仕上げに黒こしょうをプラスすれば、程よいアクセントになります。

夏休みにお金を使いすぎた~!な時に嬉しい「厚揚げのボリューム炒めもの」5選 画像(15/5) 「きゅうりと厚揚げのバタポン炒め」

厚揚げは味にクセがなく、栄養価も高い万能食材。味つけのバリエーションも豊富なので、様々なアレンジをしてみてはいかがでしょうか。