副菜は“すぐでき”が◎! 5分で作れる旬野菜・春菊の小鉢5選

#食 
「春菊とツナのマヨポン酢」


“春菊”はお鍋や天ぷらにして食べるのもおいしいですが、炒めたりあえものにすれば独特の香りがより一層引き立ちます。今回は食卓の“あと一品”にぴったりな春菊の小鉢をご紹介していきましょう。たった5分で用意できるので、忙しい日に試してみてはいかが?

春菊とツナのマヨポン酢


【材料・2人分】

ツナ缶 小1缶(約70g)、春菊 1/4わ、あえごろも(ポン酢じょうゆ 大さじ1/2、マヨネーズ 小さじ1)

【作り方】

1. 春菊は葉とやわらかい茎を摘み、大きいものは食べやすくちぎる。

2. ボウルにあえごろもの材料を合わせ、1、油をきったツナを加えてさっくりあえる。

(1人分115Kcal、塩分0.8g)

ポン酢とマヨネーズであえた春菊はさっぱり風味で、脂っこいものを食べた後の箸休めにもうってつけ。5分で作れるお手軽メニューですが、ごろっとしたツナが入っているので食べごたえもばっちりです。

春菊とコーンの塩バター炒め


下ごしらえした春菊を3~4cmの長さにカットして使用します。バターで炒めることによって、春菊の香りを引き出しましょう。

さっと炒めて出来上がり!「春菊とコーンの塩バター炒め」


春菊とかにかまのごま酢あえ


春菊はラップに包んで電子レンジでチン♪ かにかまと一緒にごま酢であえるだけで、さわやかな香りの小鉢が完成します。

「春菊とかにかまのごま酢あえ」


春菊のチーズ焼き


しんなりするまで春菊を炒めたら、ピザ用チーズを投入します。余熱でとろっとするまでチーズを溶かすのがおいしく作るポイント。

「春菊のチーズ焼き」


春菊のキムチあえ


食べやすく切ったキムチと春菊の葉をあえた、シンプルな1品。主菜を温めなおすあいだにサクッと作れるのがうれしいですね。

「春菊のキムチあえ」


春菊は葉の緑色が濃く、葉先までピンとしているものが新鮮な証。調理の際にあまったらポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存すればOKです。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //