骨付き肉のだしがしみしみ~! 夏野菜ととり手羽元の煮もの5選

#食 
「手羽ととうもろこしのあっさり煮」


煮物といえば和食の定番料理ですが、イメージどおりの味にするのは意外と難しいもの。ですが“だし”を上手に使えば、手軽に本格的な一品を作れちゃいます。今回ご紹介するメニューは、とり手羽元×夏野菜の煮もの5選。レシピの手順を守って、しっかりと味がしみた煮ものを作ってみてはいかが?

手羽ととうもろこしのあっさり煮


【材料・2人分】

とり手羽元 6本、とうもろこし 1/2本、さやいんげん 2/3袋(約80g)、サラダ油 小さじ1、だし汁 2カップ、酒、みりん、しょうゆ 各大さじ1、塩 小さじ1/2

【作り方】

1. とうもろこしは長さを半分に切り、四つ割りにする。さやいんげんは長さを半分に切る。

2. フライパンにサラダ油小さじ1を強めの中火で熱し、とり手羽元の皮目を下にして約3分焼く。こんがりとしたら上下を返し、肉の色が変わるまで、さっと焼く。

3. だし汁2カップ、酒、みりん、しょうゆ各大さじ1、塩小さじ1/2、とうもろこし、いんげんを加える。煮立ったら弱めの中火にし、時々肉の上下を返しながら約15分煮る。

(315Kcal、塩分2.5g)

手羽元は風味を出したいので、こんがりとするまで焼いてから使用します。十分に火が通ったタイミングで調味料と夏野菜を加えて煮ていきましょう。素材のうまみを活かすため、味つけは控えめでOK。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //