(しょうが)

しょうがの栄養

しょうがの栄養画像

しょうがの栄養

しょうがには、体を温める作用、発汗作用があり、漢方の生薬としても使われます。風邪のひきはじめに有効で、胃腸の冷えにも効果があります。
しょうが特有の香り成分のショウガオールには、酸化を阻止する作用があり、がん予防の効果も。辛み成分のジンゲロンは、脂肪を燃焼し、血行をよくします。これらの成分には、胃液の分泌を促し、消化をよくする働きも。魚の臭みを消し、強い殺菌力があるので、生魚を使うすしにしょうがを添えるのは意味があるのです。