もやしの基本情報

もやし
基本情報 栄養 扱い方

もやしの特徴

もやしは、主にマメ科の種子を人工的に発芽させたもの。野菜として出回っているもやしは、緑豆(グリーンマッペ)やブラックマッペ、大豆の種子を使っているものがほとんどです。
栽培できることに加え、緑豆の場合、夏は4〜5日、冬は1週間ほどで、大豆なら、夏は7〜8日、冬は半月ほど、と短期間でできるため、価格の変動があまりありません。

もやしの選び方ガイド

白く透明感があり、色つやがよくて、かたくしまっているものを。根や子葉が茶色かったり、もやしがヘナッとしていたり、袋に水が出ているものは、収穫してから日にちがたっています。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //