(いさき)

いさきの基本情報

いさき
撮影:澤木央子

いさきの特徴

夏を代表する魚の一つ。比較的身のしまった、くせのない白身の魚で、一般に「梅雨いさき、夏たかべ」といわれ、最もおいしい時期は初夏です。
本州中部以南、南シナ海にかけての沿岸に分布し、地方によっては、「いさぎ」「いせぎ」などとも呼ばれます。
大きいものほど脂がのっておいしく、30~40cmに成長したものを、刺し身や塩焼きにするのが一番。ほかに、煮つけ、バター焼きやムニエル、から揚げなどの揚げもの、椀だね、中国料理の材料にも。
骨やひれがかたい硬骨魚なので、調理する際や、食べるときには注意して。

いさきの選び方ガイド

体のつやがよく、うろこがしっかりしていて、腹部がしまり、胸びれと尻びれの黄色がはっきりしているものが新鮮。また、体に厚みがあるものは、脂がのっています。
くすんでいるもの、目が濁っているものは、鮮度が落ちています。

食材事典へ戻る