(ろーずまりー)

ローズマリーの栄養

ローズマリーの栄養画像

ローズマリーの栄養

香料や医薬品の原料となるピネン、炎症や痛みをやわらげるといわれ、口中清涼剤やせき止めにも配合されるシネオール、樟脳に似た香りを持つボルネオールなどの成分が含まれます。 これらの成分には、強壮、健胃、血行促進などの薬効があるとされ、頭痛、風邪、消化不良、疲労回復などに有効といわれています。