(かれい)

かれいの基本情報

かれい
撮影:山本明義

かれいの特徴

「左ひらめ、右かれい」といい、腹を手前に置いたときに、頭が右になるのがかれい。淡泊な白身魚のひとつです。
全長20cm程度のものから2~3mに達するものまで、種類がとても多く、値段もまちまち。
流通量が多くなじみ深いのが、「まがれい」と「まこがれい」。高級魚といわれる「ほしがれい」「めいたがれい」、ほかに、腹に卵を持ち子持ちがれいとして切り身で多く出回る「なめたがれい」、干もので流通する「やなぎむしがれい」などが代表的。
「まがれい」「まこがれい」「ほしがれい」「めいたがれい」は刺し身に、「めいたがれい」「なめたがれい」は煮つけに向いています。

かれいの選び方ガイド

表側の皮は褐色、黒褐色、赤褐色などで、裏側は白色。鮮度のよいかれいは裏側の白い部分が純白に輝いています。切り身の場合、身に透明感のあるものを選んで。

食材事典へ戻る