サラダチキンブリトー

151kcal
1.3g
サラダチキンブリトー
サラダチキンブリトー

アメリカでも大人気の「すしブリトー」

材料(2本・2人分)

ご飯…半合
すし酢
 ・酢…大さじ3/4
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・塩…小さじ1/4
焼きのり(長辺を半分に切る)…1枚
サラダチキン(市販品)…60g
かに風味かまぼこ…3本
溶き卵…1個分
水菜(ざく切りにする)…1株
赤パプリカ(縦薄切りにする)…1/8個
ごまだれ
 ・白練りごま…小さじ2
 ・酢…小さじ1
 ・しょうゆ、砂糖…各小さじ1/2

作り方

  1. すし酢はご飯に混ぜる30分以上前に合わせておくと、味がなじむ。炊きたてのご飯にすし酢を回しかける。しゃもじに伝わせ、まんべんなくいきわたらせて。ご飯がさめていると酢が入らないので、必ずあつあつのものを用意して。
  2. しゃもじで全体を切るように混ぜる、うちわであおぐ、を数回繰り返す。あおぎながら混ぜるとご飯がすし酢を吸わないので、混ぜる→あおぐを交互にするのがコツ。
  3. サラダチキンとかにかまぼこは細かく裂く。フライパンを油をひかずに中火で熱し、溶き卵に塩少々を混ぜて入れ、いり卵にする。
  4. のりの左右と手前を少しずつあけて、すし飯の半量を広げる。
    のりの周囲を少しあけてすし飯、具をのせる
  5. 3の具と水菜、赤パプリカの半量をのせ、ごまだれの材料を混ぜて半量をかけ、手前から巻く。もう1本作る。
    具を手で軽く押さえるようにしながら巻く
    巻き終わりを下にして少しおくと、形がなじむ

※カロリー・塩分は1/2本分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【持ち寄りは】1本ずつワックスペーパーなどで巻いてキャンディのように包み、空き箱やかごなどに入れて。

主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 邑口京一郎

食材の扱い方・ポイント

水菜
水菜
鍋ものをはじめ、煮ものや炒めもの、そのまま生でサラダにと、おいしさと調理の手軽さで大人気…

基本の扱い方

全部まとめてざく切りに

ほとんどの料理は端からざく切りにして、そのまま使います。全部使わない場合も1束分洗って、まとめて切るとあとがラク。水菜はアクが少ないので下ゆで不要です。

みぶ菜も便利

水菜と違い、サラダには向きませんが、漬けもの、炒めもの、煮ものでは水菜と同様に使えます。株の根元にある土をよく洗って。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //