ほったらかし要素と簡単さが両立!ゆとりが生まれて子どもにも好評な「トマト煮込みハンバーグ」

#やってみた 

こんにちは、こたきです。
私の住んでいる地域では秋が秒で過ぎ去りました。
夏の名残をそのままに、10月過ぎになってもだらだら使っていた接触冷感の敷きパッドがまるで冷蔵庫から出したてのように冷え、ああ、夏の名残どころじゃない秋ももう終わってしまったんだ…と季節の移り変わりのスピードを体感して震えました。

季節の移り変わりのスピードを体感


最近の私はというと、家族の送迎に次ぐ送迎でてんてこまい。
登校班の集合場所への長女の送り迎え、次女の幼稚園、身内の通院、姉妹の習い事、etc…。
この際なので声を大にして言わせていただきます。へとへと!

習い事の送迎がなかなかヘビーで…


特に最近スタートした長女の習い事の送迎がなかなかヘビーで…。
帰宅するともう18時近くなるので、そこから夕飯の支度をしつつ長女の宿題を見たり音読を聞いたり、次女のお手伝いしたいブームを尊重したりしているともう、リアル体が何個あっても足りない状態…!

リアル体が何個あっても足りない状態…!


そんな今日この頃を過ごしていましたが、レタスクラブ11月増刊号をめくってみると『ほったらかし煮』特集なるものがあるではありませんか!

ほったらかしていいの…


ほったらかして…いいの…?
あっちこっちからお呼びの声がかかるためお鍋に付きっきりで料理するのがチョイきびしい私にもってこいの特集!

中でもいちばん『これだ!』と思ったのがまいたけ玉ねぎが入ったトマト煮込みハンバーグ

うちの子どもたち、ハンバーグが大好きで…。
まいたけと玉ねぎ、そしてトマト(缶)で野菜が摂れるし、ざっとレシピを見た所次女にお手伝いを頼む余地もある!
そして何より美味しそう!寒い日に嬉しいあったか煮込みハンバーグ〜!

ということで、詳しい作り方がこちら。

【トマト煮込みハンバーグ】

材料(2〜3人分)
■たね
合いびき肉…300g
・玉ねぎ…3/4個(縦薄切りにする)
・パン粉…1/3カップ
・中濃ソース…大さじ1と1/2
・塩…小さじ1/3
・こしょう…少々
まいたけ…1パック(約100g(大きめにほぐす)
玉ねぎ…1/4個(縦薄切りにする)

■煮汁(混ぜる)
・ホールトマト缶…1缶(約400g)
・中濃ソース…大さじ2
・塩…小さじ1/2

●作り方
1.ポリ袋にたねの玉ねぎ、塩、こしょうを入れ、水分が出るまで袋の上からよくもむ。
残りのたねの材料を加えて、なめらかになるまでよくもむ。
2.たねを1/6量ずつ両手でキャッチボールをするようにして空気を抜き、2cm厚さの円形に整える。
フライパンに並べて強めの中火にかけ、両面を約1分30秒ずつ焼く。
3.まいたけと玉ねぎを加え、煮汁を回しかける。
ふたをして中火で約10分煮る。ふたを取って強火にし、約1分軽く混ぜながら味をからめる。


帰宅後のバタバタの中でも無事作ることができました〜!
完成したのがこちら!

ほったらかし煮でトマト煮込みハンバーグ!!


ほぼ毎日「おてつだいすることなあい〜?」と言いながらキッチンに出没する次女にポリ袋をもみもみするミッションを任せている間、ハンバーグをサッと焼いて煮込んでいる間、その合間合間ほったらかしにできるおかげで宿題の丸付けをしたり水筒を洗ったりと細かい家事をこなすことができました…ありがたい…。

作った感想としては、玉ねぎがみじん切りじゃなくて縦薄切りなところ、炒めずに塩こしょうで揉んで水分を出すところが画期的でした!
縦薄切りだと切りやすい反面どうしても多少ハンバーグからぴょこぴょこはみ出てしまったんですが、ソースの具の玉ねぎと切り方が同じだから煮込んでいるうちにハンバーグから脱落してもソースに馴染むし、玉ねぎから出た水分はふやかさず混ぜ込むパン粉が吸ってくれるようで、うまく考えられたレシピだ…と感心してしまいました。
ほったらし要素と簡単さが両立されてるのもスゴイ!(料理って手間がかかる煮込みorサッとできる付きっきりレシピの二択のイメージでした)

ハンバーグって最初に焼き目をつけた後に焦がさず中まで火を通すのにコツがいるイメージでしたが、ほったらかして煮込んでいる間にバッチリ火が通るのもよかったです。

すごく簡単なのに、シャキ感の残る玉ねぎと旨味を吸った舞茸で具沢山のトマトソースが美味しいこと…!
美味しい!嬉しい〜〜!

娘たちにも好評でうれしい


姉妹も大喜びでおかわりまでして完食してくれました!忙しい中作った料理をぱくぱく食べてくれると癒される…。
絶対に絶対にまた作ろうと思いました。

作=こたき


この記事に共感したら

こたき

こたき

2015年春&2017年秋生まれの姉妹の育児中。イラストレーター... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’21 11月増刊号『おいしさ極まる「ほったらかし煮」』



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 11月増刊号』情報はこちらから▼

おいしさ極まる「ほったらかし煮」/おうちで作れるさつまいもの映えおやつ!/夫や子どもが使いやすいキッチン収納/「寝ても疲れが取れない」のはナゼ!?/【とじこみ付録】大根の時短レシピBOOK/【特別付録】SNOOPY カレンダー2022


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧