“鍋ぶた”がウマさのカギ! 「カリカリチキンソテーのレモンバターソース」

#食 
ジューシーな肉と、後味さっぱりのソースが絶品


とり肉って、焼き方でこんなにおいしさが変わるんだ……!と、O子に教えてくれたレシピ「カリカリチキンソテーのレモンバターソース」。といってもむずかしいことは一つもなく、フライパンでとり肉を焼くだけなのですが、鍋ぶたでとり肉をギュッと押さえつけながら焼く、というのがポイント。カリッカリの皮が肉のジューシーさを引き立てて、普通に焼いたときとは別次元のおいしさなのです。鍋ぶたがないときは、フライ返しで代用しても◎。レモンの酸味がきいたバターソースも、とっても美味。こちらのソースはカキや鮭のソテーとも相性バッチリなので、覚えておくと便利です。

カリカリチキンソテーのレモンバターソース


【材料】(2人分)

とりもも肉 小2枚(約400g)、下味(塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、さやいんげん 10本、レモンの輪切り(約1cm厚さ) 2枚、レモンバターソース(レモン汁 大さじ1、バター 大さじ2、粗びき黒こしょう 少々)、塩、サラダ油

【作り方】

1.とり肉は余分な脂を除いて下味をふる。いんげんは長さを半分に切って塩を入れたたっぷりの熱湯でゆで、ざるに上げて湯をきる。

2.フライパンに油小さじ1を熱し、とり肉を皮目を下にして並べ入れる。フライパンよりひとまわり小さい平らな鍋ぶた(またはフライ返しなどでも)で押さえつけながら、弱めの中火で約10分焼く。

鍋のふたなどで肉を押しつけながら焼くと皮がカリカリに。皮目を焼くときにほぼ火を通し、返したら軽く焼く程度にするとジューシーに仕上がる


3.こんがり焼き色がついて九分通り火が通ったら、上下を返して裏面も焼き、器に盛っていんげんとレモンを添える。

4.レモンバターソースを作る。フライパンをきれいにし、バター、こしょうを入れて火にかける。バターが溶けて細かい泡が立ち始めたらレモン汁を加えて火を止め、混ぜる。3のとり肉にかける。

(517kcal、塩分1.9g)

文=O子

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
カリカリチキンソテーのレモンバターソース

こちらもおすすめ!
こってりとり照りをチェック!

■プチ贅沢したいときにぴったり!おつまみ特集はこちらをチェック!
プチ贅沢したいときにぴったり!簡単&おいしいおつまみレシピはこちら!




■家族が喜ぶ鍋特集はこちらをチェック!
寒い時期の食卓の主役!家族みんなで楽しめる鍋レシピはこちら!










おすすめ読みもの(PR)