今年は縁起を担いで作ってみるのも◎! 福を呼ぶ手作りおせち

#食 

「伊達巻き」

お正月といえば「おせち料理」。新年を祝う伝統料理ですが、”毎年自分で作っている”という人は少ないんじゃないでしょうか? おせち料理には一つ一つに健康や子孫繁栄などの願いが込められており、その意味を知ることでより一層味わい深くなります。今年は本当にいろいろあった年。縁起を担いでおせち料理に挑戦してみてはいかがでしょう。

伊達巻き

【材料・2~3人分】
はんぺん…1枚(約100g)、卵…3個、だし汁…大さじ2、塩…少々、きび砂糖(または砂糖)…少々、みりん、サラダ油

【作り方】
1.保存用密閉袋、またはポリ袋を二重にして、はんぺんを入れて手でよくもみながらつぶす。

2.1の袋に卵を割り入れ、みりん大さじ2、だし汁、粗塩、きび砂糖を加え、全体がよく混ざるようにさらにもむ。

3.フライパンに油少々熱し、2を流し入れる。厚みが均一になるように木べらでならして弱火にし、ふたをする表面が固まり、ふんわりしたら大皿にとりだして返し、フライパンに戻し入れ焼き色がつくまで焼く。

4.まな板の上に厚手のペーパータオル2枚重ねて敷き、3を置く。手前から巻いて、巻き終わりが下になるように置く。粗熱がとれたら、1.5〜2cm幅に切る。
(1人分141kcal、塩分0.9g)

伊達巻きは巻物の形に似ていることから、文化の発展や学業成就の願いが込められています。はんぺんを使うと、自宅でも簡単に作れますよ。

次ページ:今年は気合を入れて作ってみない? 福を呼ぶ手作りおせちの続きはこちら(2/2)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
伊達巻き
栗きんとん
黒豆
筑前煮
数の子

ほかにもいっぱい!「おせち料理」のレシピ

■プチ贅沢したいときにぴったり!おつまみ特集はこちらをチェック!
プチ贅沢したいときにぴったり!簡単&おいしいおつまみレシピはこちら!




■家族が喜ぶ鍋特集はこちらをチェック!
寒い時期の食卓の主役!家族みんなで楽しめる鍋レシピはこちら!








おすすめ読みもの(PR)