副菜なのに主役級の食べごたえ!とりむね肉と野菜のあえもの5選

#食 
「とりハムと貝割れのおろしあえ」


メインの炒め物や揚げ物として登場することの多いとりむね肉。でも野菜と組み合わせた副菜は意外とレパートリーが少ないのでは。今回はしっとり食感がたまらないとりむね肉と野菜のあえもの5選をご紹介。パサパサになりがちなとりむね肉にひと手間加えるだけで、しっとり食べやすくなりますよ。

とりハムと貝割れのおろしあえ


【材料・2人分】

とりハム 1/2本(材料は2本分) (とりむね肉[皮なし] 大2枚[約500g]、砂糖、塩)、大根 5cm、貝割れ菜 1パック、レモン汁 大さじ1/2、白いりごま 大さじ1

【作り方】

1. とり肉は厚い部分を包丁で観音開きにし、厚みを均等にする。

2. 砂糖大さじ2をまぶして軽くもみ、塩大さじ2も加えてさらにもむ。

3. 2を1枚ずつ端から巻いて棒状にし、ラップできっちりと包み、さらにもう一度、ラップで包む。冷蔵庫で一晩休ませる。

4. 鍋に肉がかぶるくらいの湯を沸かす。3のラップをはずして水をきり、ペーパータオルで軽く表面を拭く。鍋に入れ、約5分ゆでたら火を止め、ふたをする。ゆで汁が完全にさめるまでそのままおき、取り出す。保存するときは乾かないように再度ラップに包み、保存用密閉袋に入れて冷蔵庫で保存する。冷蔵庫で約1週間保存可能。

5. 大根はすりおろし、軽く汁けを絞る。とりハムは5mm厚さに切って、細切りにする。

6. 5、貝割れ菜をボウルに入れてざっと混ぜ、レモン汁、白いりごまも加えて混ぜる。

自家製のとりハムは冷蔵庫で一晩寝かせる本格派。塩と砂糖で下味がついているので、貝割菜とあえるときは調味料を加える必要がありません。レモン汁をプラスすると、ほのかな酸みを感じられる1品に。

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「とりむね肉」のレシピ

■家族が喜ぶ鍋特集はこちら


寒い時期の食卓の主役!家族みんなで楽しめる鍋レシピはこちら!







おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //