材料はたったの2つ! 簡単おいしいシンプルレシピ「ねぎと卵だけのチャーハン」

#食 
ご飯をへらで押しつけながら炒めれば、パラパラの仕上がりに


「ねぎとだけなのに、なんでこんなにおいしいの!?」。初めて作ったとき、ちょっとおどろいたのがこちらの「ねぎと卵だけのチャーハン」。長ねぎのこうばしい香りが移ったご飯は、パラッパラ。卵のやさしい甘さもいいアクセントになり、また食べたい!と思うおいしさです。ポイントは、ねぎを多めの油で炒めて香りを油に移すことと、ご飯をへらで鍋肌に押しつけながら炒めること。使う材料は少ないけれど、味わいは奥深く、とても豊か。「冷蔵庫に何もない!」という時に、ぜひ作ってみてくださいね。

ねぎと卵だけのチャーハン


【材料】(2~3人分)

卵 3個、長ねぎの粗みじん切り 1本分、温かいご飯 400g、顆粒スープの素 小さじ1/2、塩、こしょう、サラダ油、ごま油、しょうゆ

【作り方】

1.卵は溶きほぐし、塩、こしょう各少々を加えて混ぜる。フライパンにサラダ油小さじ2を強火で熱し、卵を流し入れて大きくかき混ぜ、半熟になったらすぐにいったん取り出す。

卵は加熱し過ぎるとかたくなるので、最初に半熟に炒めて取り出しておく。卵は計量カップやボウルに溶きほぐし、炒めたあとにそこに取り出すようにすると、洗いものが少なくてすむ


2.フライパンをペーパータオルでさっと拭き、サラダ油大さじ2、ごま油小さじ1を入れて熱する。ねぎを加えて炒め、透き通ったら端に寄せ、ご飯を入れる。

多めの油でねぎを炒めて香りを移し、その油でご飯を炒めると香りよく仕上がる。肉やハムなどのたんぱく質を加えて作るときは、ねぎを炒める前にそれらを炒め、あとは同様にすればOK


3.ご飯をへらで押しつけては返し、押しつけては返しを繰り返し、油がまわり、ねぎとまんべんなく混ざるまで炒め合わせる。

ご飯の粒を潰さないように、へらで押しつけるようにして炒める。これを繰り返すことで、ご飯が自然にほぐれ、パラパラになる


4.1を戻し入れて軽く混ぜ合わせ、顆粒スープの素、塩小さじ1/2、こしょう少々を加え、炒め合わせる。仕上げにしょうゆ小さじ1/2を回し入れ、さっと混ぜる。

ご飯とねぎが混ざってから卵を戻し入れ、卵のふわふわをキープ。顆粒スープの素を加えることで、少ない具でも奥行きのある味になる


(426kcal、塩分1.8g 調理/瀬尾幸子、栄養計算/スタジオ食)

文=O子

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ねぎと卵だけのチャーハン

こちらもおすすめ!
レタスあんかけチャーハンをチェック!

■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //