へとへとでもう何も考えられない日に。 簡単調味で野菜もとれちゃう魚と肉のメインおかず

#食 
めんつゆのうまみをたっぷりからめて「豚バラと小松菜のめんつゆ炒め」

家事に仕事に手一杯で、おかずの味つけすら考えるのもしんどい日って、ありますよね...。
そんな日は、めんつゆの出番! ご飯との相性も家族ウケもバッチリだから、安心して味付けを任せられますよ。

「料理の手間をとことん省く」今回は、めんつゆで調味する魚と肉のおかずを一品ずつご紹介します!

*  *  *

鮭の梅風味南蛮

めんつゆのコクと梅干しの酸味で奥深い味わい!「鮭の梅風味南蛮」

めんつゆ×梅肉の強力タッグで、ご飯が進む!
[ 材料・2人分 ]*1人分323kcal/塩分2.6g
・サーモン (または生) ...2切れ
玉ねぎ ...1/4個
・豆苗 ...1/2袋
・梅干し ...2個 (約30g)
・めんつゆ (3倍濃縮) ...大さじ1
・小麦粉
・サラダ油

[ 作り方 ]
1. 玉ねぎは縦薄切りにする。豆苗は長さを3等分に切る。サーモンは水けをしっかり拭いて3等分に切り、小麦粉を薄くまぶす。
2. フライパンに油大さじ1を中火で熱し、サーモンを入れて両面を約1分30秒ずつ焼き、器に盛る。
3. フライパンをさっと拭き、梅干し、めんつゆ、湯80mlを入れ、中火にかける。煮立ったら、梅干しを粗く潰して玉ねぎを加える。再び煮立ったら豆苗を加えてさっと混ぜ、2にかける。

めんつゆと梅肉の強力タッグで、ご飯が進む【鮭の梅風味南蛮】


次ページ:みんな大好き豚バラのおかずもめんつゆで!(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ22年3月号より>

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


▶忙しい毎日に!レタスクラブYouTube公式チャンネルでラクレシピ動画をチェック!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 4月号』情報はこちらから▼

料理特集は、「もう限界な日は卵とご飯で何とかする!」。卵とご飯のワンディッシュや、卵が主役のおかずなど、買い物に行く力も時間もない!という時にピッタリなレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新じゃがと豚肉を使ったレシピや、買ってきたお総菜にちょい足しアレンジでドヤ顔!レシピもご紹介しています。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」もついていて、読み応えたっぷり!新年度から使える「手帳になる花カレンダー」もついています!LETTUCE MEETSには小林聡美さんが登場!オトナのNEWS連載には小山慶一郎さんが。コミックエッセイも多数!!レタスクラブ4月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)