油を「ごま油」に変えるだけでごちそう級に大変身!肉&野菜のオイル煮&オイル蒸し焼き

#食   
栄養を閉じ込めつつ、おいしさも引き出す! 一石二鳥な「オイル蒸し焼き」/オイルを使ったレシピ(1/30)

独特の香りとコクが食欲をそそる、ごま油。和食にもよく使われるごまが原料なので、どんな料理に使っても親しみのある味に仕上がるのが魅力です。

「ごま油の意外な使い方」今回は、ごま油を使ったメイン&サブおかず。台湾の定番料理「麻油鶏」と、ブロッコリーのオイル蒸し焼きをご紹介します。

*この企画で使用するごま油は焙煎タイプ (無色でないもの) です。

*  *  *

▶︎教えてくれたのはこちら!
小田真規子さん

小田真規子さん:料理研究家。雑誌や広告、企業の商品・レシピ開発などでも活躍。誰にでも簡単&確実においしくできる料理の提案に定評がある。

料理研究家。雑誌や広告、企業の商品・レシピ開発などでも活躍。誰にでも簡単&確実においしくできる料理の提案に定評がある。
「こうばしい香りが食欲をそそるごま油。生のままでもおいしく食べられ、加熱するといっそう風味が引き立ちます。ほかの食用油に比べて酸化や熱に強いのも特徴ですよ」

まずは、とり肉×ごま油のメインディッシュから。
台湾では産後の栄養補給や冷え解消に食べられるという「麻油鶏」(マーヨージー) 。ごま油(=麻油)とたっぷりのしょうがでとり肉を煮て、やさしい塩味で仕上げましょう。

麻油鶏

ごま油の効果で肉しっとり

ごま油の効果でとり肉もしっとり!「麻油鶏」

[ 材料・2人分 ]*1人分480kcal/塩分2.6g
とりもも肉 ...1枚 (250~300g)
にんじん ...1本
・しょうがの薄切り ...2かけ分
・塩
・こしょう
・ごま油
・酒

[ 作り方 ]
1. とり肉は余分な脂を取り除いて6等分に切り、塩小さじ1/2、こしょう少々をもみ込んで約10分おく。にんじんは1cm厚さの輪切りにし、大きければ半分に切る。
2. フライパンにごま油大さじ4としょうがを入れて中火でさっと炒める。とり肉を皮目を下にして入れ、約3分焼く。

ごま油とたっぷりのしょうがでとり肉を煮る「麻油鶏」は、台湾の定番メニュー。産後の栄養補給や冷え解消に食べられるそう。

上下を返して酒1/2カップを静かに入れ、約1分煮立たせる。水1カップ、にんじん、塩小さじ1/3~1/2を加える。煮立ったら弱火にし、約15分煮る。
3. 汁ごと器に盛り、好みでサラダ菜を添える。

次ページ:ごま油が野菜の栄養を閉じ込め、おいしさも引き出す!(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ22年6月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!



▶へとへとさんをお助けする情報が満載!









雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 7月号』情報はこちらから▼

今号の料理特集は、「食費を減らしたい!」。大袋野菜を賢く使いきる方法や、特売でまとめ買いをしたお肉の下味冷凍など、食材を残さず使い切るレシピをたくさんご紹介しています!/コウケンテツさんに教わる「豚しゃぶ肉」のレシピ/家にある食材で作れるおやつ/献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「しんどくない片づけ術100」は前号に続き、80ページの永久保存版です/LETTUCE MEETSには小芝風花さんが登場/オトナのNEWS連載には小山慶一郎さんが/コミックエッセイも多数!レタスクラブ7月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //