ちくわ&かにかまってやっぱりスゴイ!ごちそうの箸休めに、プロ直伝の小さなおつまみ

#食   
ペンネがわりにちくわをIN!「ちくわアラビアータ」

気の置けない友人や家族との軽い晩酌。そんなときに重宝するのが、手軽に作れる小さなおつまみ。お家で簡単にできて、かつちょっと小ワザを効かせた4品を、人気の料理人に教わりました。

「笠原将弘さんのおつまみレシピ」今回は「ちくわ」と「かにかま」を使った小さなおつまみ。軽く晩酌というときには、この2食材がとっても頼りになるんです!

*  *  *

▶︎教えてくれたのは
笠原将弘さん

笠原将弘さん:東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」店主。テレビ、雑誌などで紹介する、家庭でも作れる本格的なレシピにファンが多い。『レタスクラブ』連載でも人気。

東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」店主。テレビ、雑誌などで紹介する、家庭でも作れる本格的なレシピにファンが多い。『レタスクラブ』連載でも人気。

まずは笠原さんに、おつまみ作りの極意をうかがいました!

「本来つまみとは、そんなに時間をかけて作るものではない、と思っています。もう1ついうなら、冷蔵庫にあるもので作るのがつまみ上手の極意だとも。
思い立ったらチャチャッと作る。あるいは飲みながら作る。つまみとは、それくらいがちょうどいい。野菜をいつもと違う切り方にしてみるとか、そんなことでもずいぶんでき上がりが変わってくることを楽しみながら作ってもらいたいですね。
というわけで、ここで紹介したレシピを自分なりに工夫して、素材や調味料なども変えたりして作ってみてください。楽しい年末年始になりますように。」

かにかまパン粉焼き

粉チーズを加えたパン粉を2回しっかりつけることでサクッふわ食感実現。

粉チーズ入りのパン粉がこうばしい!「かにかまパン粉焼き」

[ 材料と作り方・2人分 ]*1人分319kcal/塩分1.6g
1. パン粉30gと粉チーズ10gを合わせ、手でもんでパン粉を細かくする。
2. ルッコラ1/2わは食べやすく、ミニトマト4個は横半分に切る。ともにオリーブ油大さじ1、塩、粗びき黒こしょう各少々であえる。
3. かに風味かまぼこ8本 (約80g) に1をまぶし、溶き卵1個分にくぐらせる。もう一度1をしっかりまぶしつける。
4. フライパンにオリーブ油大さじ2を中火で熱し、3の両面をカリッと焼く。器に盛り、レモンの半月切り1枚を添える。


かにかまと豆苗のサラダ

かにかまは偉大。さっとほぐしてあえるだけでOK。

サッとほぐしてあえるだけだから簡単!「かにかまと豆苗のサラダ」

[ 材料と作り方・2人分 ]*1人分96kcal/塩分1.0g
1. かに風味かまぼこ5本 (約50g) はほぐす。豆苗1/2袋は長さを半分に切る。
2. ボウルに1を入れ、サラダ油、酢各大さじ1、しょうゆ、みりん各小さじ1を加えてさっとあえる。器に盛り、粗びき黒こしょう少々をふる。

次ページ:頼りになる食材!「ちくわ」でパパッと2品(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ22年12月増刊号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 12月増刊号』は創刊35周年記念スペシャル号!豪華4大付録付き!!▼

特別付録は底が広くて使いやすい「SNOOPYエコバッグ」!!底が広いので食材の片寄りも無くなり、お買い物のときに重宝すること間違いなしです!料理特集は「お安い肉で冬のごちそう」クリスマスや年末年始にぴったり!コスパのいいお肉を使った驚きの本格「ごちそう肉メニュー」!/体の芯から燃やす冬の冷えには「温しょうが」/毎日のごはん作りの力強い味方!「殿堂入り時短食品2022」/肉や野菜のロスをゼロに!「ハンパ食材冷凍保存&活用シート」/食費が減ったと大好評!「平日5日×4週分の献立カレンダー12月」/年末年始に大活躍!賛否両論・笠原将弘さんのおつまみBOOK/オトナのNEWS連載小山慶一郎さん!/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ12月増刊号をぜひお楽しみください。






旬の白菜をムダなく使いたい!
LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)