知っておきたい! 定番「卵がゆ」から変わり種まで「簡単おかゆ」5選 画像(1/5) 「大根がゆ」

寒い日が続くと、体調管理に気をつかっていても風邪を引いてしまいがち。体が弱っている時は、胃腸にやさいしい「おかゆ」を食べましょう。今回はバリエーション豊富なおかゆ5選を紹介。定番から変わり種メニューまでラインナップしているので、その時の体調に合ったおかゆを試してみてはいかが?

大根がゆ

【材料・3~4人分】

基本のとりがゆ(とり手羽中 6本、米 1合、塩)、大根 7cm、すだち 2個、しょうがのせん切り 1/4かけ分、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. 大根は2cm角に切る。すだちは横半分に切る。

2. 鍋に米、手羽中、大根、塩小さじ1と1/2を入れ、水7と1/2を加えて火にかける。

3. 沸騰にしたら弱火にし、アクを丁寧に取り除く。

4. ふたをして少しずらし、約40分煮る。煮ている間は、ぬめりが出るのでかき混ぜないこと。アクが出たら、そのつど取り除く。米がやわらかくなり、とろみがついたら火を止める。

(1人分207Kcal、塩分2.3g)

粗びき黒こしょうと、すだちの爽やかな香りが食欲をそそる1品です。大根はビタミンCを含んでいるので、食べやすいおかゆに入れれば栄養をしっかり摂れるはず。とり手羽中をほぐして、アツアツのうちに召し上がれ♪

卵がゆ

溶き卵が半熟状になり、とろみが出たら火を止めてください。万能ねぎとにんじん、三つ葉をのせれば彩りをプラスしてくれます。

知っておきたい! 定番「卵がゆ」から変わり種まで「簡単おかゆ」5選 画像(3/5) 体の芯から温まる「卵がゆ」

梅しらすがゆ

とろろ昆布としらす干しで、いつものおかゆがワンランクアップ。みりんを加えて炊くとほのかな甘みを足してくれます。

知っておきたい! 定番「卵がゆ」から変わり種まで「簡単おかゆ」5選 画像(6/5) 「梅しらすがゆ」

ほうれん草とカリカリベーコンがゆ

カリカリベーコンの歯ごたえがアクセントに。寒い時期に収穫されたほうれん草は、栄養価が高く風邪をひいた時にぴったりの食材です。

知っておきたい! 定番「卵がゆ」から変わり種まで「簡単おかゆ」5選 画像(10/5) 「ほうれん草とカリカリベーコンがゆ」

XO醤がゆ

風味豊かなXO醤をシンプルなおかゆにトッピングしました。干し貝柱や干しエビの凝縮されたうまみと、ピリリと効いた辛みに元気がでそう。

知っておきたい! 定番「卵がゆ」から変わり種まで「簡単おかゆ」5選 画像(15/5) 「XO醤がゆ」

風邪を引いた時は、食欲がなくなる人もいるかもしれません。食べやすいおかゆで少しでも栄養を摂って、体調を回復させてくださいね。