10分でパパッと完成! 毎日の食事作りを助ける「時短メインおかず」 画像(1/5) 「ふっくらハンバーグ」

毎日作る夕食は“おかず”にどうしても悩みがち。新しくバリエーションを増やしたくても、調理で忙しくて新しいメニューになかなかチャレンジできないですよね。今回は10分でパパッと完成する「時短メインおかず」をご紹介。手間を上手に省きつつ、時間にゆとりを持ってみませんか?

ふっくらハンバーグ

【材料・2人分】

肉だね(合いびき肉 250g、卵 1個、玉ねぎ 小1/2個、パン粉 1/2カップ、塩 小さじ1/4、こしょう 少々)、しめじ 大1パック(約150g)、さやいんげん 8本、ソース(トマトケチャップ 大さじ1と1/2、みりん 大さじ1、ウスターソース 大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1)、サラダ油

【作り方】

1. 肉だねを作る。ボウルに玉ねぎ以外の材料を入れる。玉ねぎをすりおろして加え、粘りが出るまで練り混ぜる。2等分して小判形にし、中央を少しくぼませる。玉ねぎはまるのまま1/2個分をすりおろして肉だねに加える。切る手間が省け、肉だねがふっくらする効果も。残りはラップをかけて保存。

2. フライパンに油大さじ1/2を熱し、1を並べ入れる。しめじは石づきをキッチンばさみで落として小房に分け、いんげんはキッチンばさみでへたを落として4cm長さに切り、フライパンのあいたところに入れる。いんげんはキッチンばさみで切りながらフライパンに入れれば、包丁&まな板いらず。へたやしめじの石づきもはさみでカット。

3. 肉だねに焼き色がついたら上下を返し、しめじといんげんはさっと炒める。ふたをして弱火にし、約5分蒸し焼きにする。

4.火を止め、しめじといんげんを器に盛る。フライパンにソースの材料を加えてハンバーグに煮からめる、同じ器に盛る。

(1人分443Kcal、塩分2.3g、調理時間10分)

玉ねぎは丸のまますりおろして肉だねに加えると、切る手間が省けるだけでなく肉だねがふっくらする効果も。いんげんもキッチンばさみで切りながらフライパンに入れれば、包丁&まな板いらずで時短につながりますよ。

ぐるぐる豚角煮

豚肉の表面をこうばしく焼きつけることで風味がアップ。食べやすい大きさに切り分け、ゆで卵を添えてめしあがれ。

10分でパパッと完成! 毎日の食事作りを助ける「時短メインおかず」 画像(3/5) 短時間でやわらかジューシー!「ぐるぐる豚角煮」

とりのトマト煮

一口大に切ったとり肉は下味の材料ともみ込み、トマトや玉ねぎなどを加えて電子レンジで加熱。煮込まなくてもしっかり味がしみ込みます。

10分でパパッと完成! 毎日の食事作りを助ける「時短メインおかず」 画像(6/5) 「とりのトマト煮」

味しみ肉じゃが

じゃがいもは短時間で柔らかくするため、1cm角の棒状に切るのがポイント。電子レンジで約5分温めたら一旦取り出し、肉を菜箸でほぐしながら全体を混ぜてください。

10分でパパッと完成! 毎日の食事作りを助ける「時短メインおかず」 画像(10/5) 「味しみ肉じゃが」

手羽中と大根のこってり煮込み

オイスターソース&にんにくのコクとうまみがあとをひく1品です。手羽中は火の通りと味のしみ込みがよくなるよう、骨と骨の間に切り目を入れましょう。

10分でパパッと完成! 毎日の食事作りを助ける「時短メインおかず」 画像(15/5) 「手羽中と大根のこってり煮込み」

10分で完成する時短料理とはいえ、深い味わいが楽しめるメニューばかりです。肉を使うことで、子どもも喜んで食べてくれるはず。