根菜入りで食べごたえ抜群! 旬の野菜で作る「炊き込みご飯」5選

#食 
「さつまいもそぼろご飯」


旬を迎えた野菜は「炊き込みご飯」にすればご馳走に早変わりします。今回は食べごたえ抜群な、旬の根菜を使った炊き込みご飯のレシピを5つご紹介しましょう。具材のうまみを一緒に味わえる炊き込みご飯は、活躍するシーンの多いメニューです。この機会にぜひマスターしてみては?

さつまいもそぼろご飯


【材料・2~3人分】

米 2合、とりひき肉 150g、さつまいも 1/2本(約130g)、黒いりごま 適量、炊き込みご飯の素(だし汁 1と3/4カップ、酒、うす口しょうゆ[またはしょうゆ]各大さじ2と1/3)

【作り方】

1. 米は炊く30分前に洗ってざるに上げ、水をきる。さつまいもは皮つきのまま3~4mm厚さのいちょう切りにし、軽く水にさらして水けをきる。

2. 鍋に炊き込みご飯の素とひき肉を入れて混ぜ、ほぐしてから火にかけ、肉の色が変わるまでいり煮にしてそぼろを作る。

3. 炊飯器に米を入れて2を煮汁ごと入れ、さつまいもを広げのせて普通に炊く。さっくり混ぜて器に盛り、ごまをふる。

(1人分430Kcal、塩分2.4g)

ホクホクのさつまいもを堪能できる炊き込みご飯です。さつまいもの甘みがご飯にしっかりいきわたるため、味だけでなく香りも楽しめるのが魅力。最後にごまをふってこうばしさをアップさせましょう。

大根と油揚げの炊き込みご飯


大根は7~8mm角にカットし、油揚げは長さ3cmの短冊切りにします。あっさり味の具材をたっぷり混ぜこむため、食べごたえ満点!

ねぎを散らしていただく「大根と油揚げの炊き込みご飯」


里いもの炊き込みご飯


里いもの他に、しめじやちりめんじゃこなどを味わえるメニューです。ほぐした梅干しの酸みがよいアクセントに。

「里いもの炊き込みご飯」


とりごぼうの炊き込みご飯


根菜きんぴらをご飯と一緒に炊き込むことで、素朴な味を堪能できます。特にごぼうのコリッとした歯ごたえがたまりません。

「とりごぼうの炊き込みご飯」


豚とWれんこんの炊き込みご飯


「薄切り」と「すりおろし」のれんこんを使った1品。モチモチのおこわのようにいただけます。

「豚とWれんこんの炊き込みご飯」


どのメニューも1品だけで満足できる、滋味深いメニューばかり。旬の根菜を味わいたい場合だけでなく、手っ取り早くご馳走を作りたい時にもうってつけですよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //