(にんじん)

にんじんの基本情報

にんじん

にんじんの特徴

赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法で使われます。体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが豊富です。真っ赤な金時にんじん(東洋系の品種で京にんじんなどがある)を除くと、流通するほとんどがオレンジ色のヨーロッパ系のにんじん。日本全国で栽培され、年じゅう出回ります。若い葉は食べられるので、かき揚げなどに。

にんじんの選び方ガイド

皮の色つやがよく、ずっしりとしたものを。葉のつけ根がやわらかいのは、古くなった証拠。葉のつけ根のあたりが緑色になっているものは、日光に当たったためで、味が落ちていることもあります。すらりとしておらず、イボイボのあるものは、虫食い状態のことも。切ると色の薄いしんの部分がありますが、ここはかたいので、芯部の小さいものがよい品です。

食材事典へ戻る