(やまいも)

山いもの基本情報

山いも
撮影:貝塚 隆

山いもの特徴

山いもは、里いもと同様、日本で古くから栽培されてきたいも。“里のいも”に対して、“山のいも”と呼ばれます。
細長い棒状の「長いも」、さらに細長い「自然薯(じねんじょ)」、球状の「大和いも」、平らな扇状の「いちょういも」などが出回っています。長いもは、水分が多く粘りは少なめで、いちょういもは長いもより粘りがあります。大和いもはさらに粘りが強いのが特徴で、料理だけでなく、まんじゅう(じょうよまんじゅう)の皮など、和菓子にも使われます。
また、長いもや自然薯のつるにできる「むかご」も、ゆでたり、むかごご飯などに利用されます。
関東では、「大和いも」の名で「いちょういも」が出回っていることもあります。

山いもの選び方ガイド

表面がきれいで張りがあり、傷や黒い斑点(はんてん)のないものを選んで。長いもは、長さも太さも中くらいのものが良品。皮が赤っぽくなったものは古く、えぐみ(アク)が出ているので避けましょう。大和いも(いちょういも)は、肉厚で分かれ目が少なく、ひげ根の少ないものがおすすめ。表面が緑色っぽい場合は、アクが強く、内部がいたんでいることがあるので、要注意。

食材事典へ戻る