(ひじき)

ひじきの基本情報

ひじき
撮影:福岡 拓

ひじきの特徴

古くから食用とされてきた海藻の一つ、ひじき。
春に収穫し、水煮して渋みを取ってから乾燥させて、乾物にします。
乾物のひじきには、葉の部分を使った「芽ひじき」、茎の部分を使った「長ひじき」があり、芽ひじきのほうがやわらかく、長ひじきのほうが歯ごたえがあります。
北海道日高地方以南の太平洋沿岸や、瀬戸内海、兵庫県付近以西の日本海側、九州沿岸に分布し、潮の干満の差が大きい沿岸で取れます。なかでも、伊勢ひじき、阿波ひじき、対馬産の長ひじきなどが有名です。
にんじんや油揚げ、ゆでた大豆などを加えて煮ものにしたり、白あえなどのあえもの、炊き込みご飯やおこわなどにも。

ひじきの選び方ガイド

海中では黄褐色ですが、乾燥すると黒くなります。
黒いものほど良質とされ、つやのないものは、品質が落ちていることがあります。
乾物の中でも、品質の変化が少なく、湿気を避ければ、常温(なるべく冷暗所)で約1年間、保存が可能です。

食材事典へ戻る