(あなご)

あなごの基本情報

あなご
撮影:榎本 修

あなごの特徴

ウナギ目アナゴ科で、普通は「まあなご」(真穴子)を指します。形状はうなぎに似ていますが、皮に小さな白い斑点があるのが特徴です。大きいものは1mほどにもなります。脂肪分はうなぎの約半分で、あっさりとした味わい。栄養豊富なので、夏バテ防止にも。
まるのまま調理することはほとんどなく、店頭で売られているものも開いたものが大半。白焼きやかば焼き、天ぷら、八幡巻き、にぎりずしや棒ずしなどのすしだねに。

あなごの選び方ガイド

天ぷらには小さめのもの(体長20cmほど、50~60g)が向きますが、そうでなければ1尾100gくらいが目安。ひらきになっている場合がほとんどで、その場合は、身が厚くて透明感があり、皮目に白い斑点がはっきりと出ているものを選ぶとよいでしょう。