(めかじき)

めかじきの基本情報

めかじき
撮影:福岡 拓

めかじきの特徴

世界中の温かい海に生息している4mを超える大魚で、女性的な体形から、漢字で「女梶木」と表わすこともあります。照り焼き、ソテーやムニエル、煮つけなど、どのような料理にも使えるため人気が高く、さまざまな国から輸入されています。
日本各地で通年出回っていますが、特に11~12月の近海ものは脂がのって格別な味わいなのでおすすめ。
なお、カジキ類はマグロ類とは関係なく、かじきまぐろという表記は誤り。

めかじきの選び方ガイド

身が白っぽいものは脂ののりがよく、赤く透明感のあるものは脂が少なめ。
褐色のシミは血合いなので、気にしなくても大丈夫です。
身は劣化しにくいので、冷凍ものはお買い得です。ただし、一度解凍すると鮮度が落ちるので、凍ったままのものを選んで。

食材事典へ戻る