豆腐とチンゲン菜の炒めもの

159kcal
1.2g
20min
豆腐とチンゲン菜の炒めもの
豆腐とチンゲン菜の炒めもの

片栗粉でとろみをつけると、干しえびのうまみが引き立ちます

材料(2人分)

干しえび…20g
絹ごし豆腐…1丁
チンゲン菜…2株
長ねぎのみじん切り…大さじ1
しょうがのみじん切り…少々
中華ブイヨン…1/3カップ
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2+水大さじ2)
・サラダ油、塩、こしょう、酒、ごま油

作り方

  1. 干しえびはぬるま湯1カップに30〜40分つけてもどす。豆腐は12等分に切り、ペーパータオルをしいたざるにのせて15分おき、水をきる。チンゲン菜は長さを半分に切り、根元のほうは十文字に深く切り込みを入れて四つ割りにし、根元の土を流水で洗う。
  2. 中華鍋にサラダ油大さじ1を熱し、ねぎとしょうがを強火で炒める。香りが出たら豆腐を加え、くずさないようにそのまま温めてから、チンゲン菜の根元のほうを加えて木べらで軽く上下を返しながら火を通す。
  3. 干しえびをもどし汁ごとと中華ブイヨンを加え、チンゲン菜の葉も加えて、時々上下を返す。全体に火が通ったら塩、こしょう各少々、酒大さじ1で調味する。水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、最後にごま油小さじ1/2を回し入れる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

チンゲン菜
チンゲン菜
中国野菜の中では日本に最も定着した野菜で、結球しない小白菜の仲間です。くせのない穏やかな…

基本の扱い方

根元を切る

根のついていた根元のかたい部分を切り取る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(1)

株が大きい場合は、長さを半分に切り、葉の大きいものは縦半分に切る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(2)

軸は根元から包丁を入れ、縦半分に切り、さらに2等分する。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(3)

軸の太いものは、縦半分にしてから食べやすい大きさに3〜4等分にする。

根元の泥を落とす

根元の軸の内側に泥がついていることがあるので、切り分けたら、広げて水の中で洗う。

四つ割り

縦半分に切って、さらに縦半分に切る。根元に包丁を入れて手で裂いても。
●小ぶりのものは、形を生かして長いまま使っても。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //