ヨーグルトティラミス

345kcal
ヨーグルトティラミス
ヨーグルトティラミス

ヨーグルトでクリスマススイーツ

飯塚有紀子さんのレシピ

チーズの代わりにヨーグルトを使って軽やかに

材料(約100mlのグラス4個分)

プレーンヨーグルト…200g
カステラ…4切れ(約160g)
生クリーム…1/2カップ
はちみつ…25g
グラニュー糖…15g
コーヒーシロップ
 ・インスタントコーヒー…大さじ2
 ・砂糖…30g
 ・湯…1/2カップ
ココア…適量
粉糖…適量

下ごしらえ

  1. ヨーグルトは、「お料理メモ」を参照して約1時間水きりをする。

作り方

  1. 耐熱ボウルにコーヒーシロップの材料を入れ、溶けるまで混ぜる。そのまま完全にさます。
  2. カステラは厚さを半分に切り、盛りつけに使うグラスで型抜きする。全部で8切れ作る。
  3. ボウルにヨーグルト、はちみつを入れて泡立て器で混ぜ合わせる。グラニュー糖を加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
  4. 別のボウルに生クリームを入れ、底を氷水に当てながら、軽くつのが立つまで泡立てる。3に半量ずつ2回に分けて加え、そのつどよく混ぜ合わせる。
  5. グラスに4の1/12量を流し入れて表面をスプーンなどでならし、2の1切れを1にひたして入れる。同様にもう1回繰り返す。さらに4を1/12量流し入れて表面をならし、茶こしでココアをふる。同様にあと3個作り、冷蔵室で約1時間冷やす。
  6. 食べる直前に星形を抜いた型紙を上に置き、茶こしで粉糖をふる。
    星形の型紙は、厚紙をグラスの直径に合わせて切り抜いて作って。粉糖は湿気を吸って溶けやすいので、必ず食べる直前にふって。

※カロリー・塩分は1個分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

飯塚有紀子
飯塚有紀子
料理研究家、グラフィックデザイナー。家庭でつくることを大切に伝えるお菓子教室「un pur…(アンピュール)」を2000年より20年間主催。現在は、家で作って美味しく食べる暮らしのレシピサイト<eat at home>にて、家でつくる時間を楽しんだり、みんなで美味しく食べる時間が何より大切に感じられるレシピを丁寧に伝えている。また雑誌や書籍での活躍だけでなく、グラフィックデザイナーとしての経歴を生かし、バッケージデザインを含めた商品開発も手がけている。

お料理メモ

<ヨーグルトの水切りのしかた>
ボウルにざるを重ね、ペーパタオルを敷いてヨーグルトをのせ、ペーパータオルでヨーグルトを包んで。このまま冷蔵室でおけばOK。ヨーグルトの重さが半分ほどになるまで、水きりをして。出た乳清にも栄養があるのでドリンクなどに入れて飲んでも。

※はちみつが入っているので、1歳未満のお子さんには食べさせないでください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 公文美和

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32754品をご紹介!