焼き白菜のミートソースパスタグラタン

565kcal
2.3g
焼き白菜のミートソースパスタグラタン
焼き白菜のミートソースパスタグラタン

この冬の作りおきおかず

枝元なほみさんのレシピ

フライパン1つですぐできる

材料(2人分)

「たっぷりミートソース」…2カップ
ピザ用チーズ…60g
白菜…小1/4株
赤とうがらし…1~2本
マカロニ(早ゆで3分タイプ)…60g
オリーブ油

作り方

  1. 白菜は芯をつけたまま縦横半分に切り、軸と葉に分ける。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1を強めの中火で熱し、白菜の軸のほうを切り口を下にして入れて、両面を2~3分、軽く焼き色がつくまで焼く。水1カップも加え、フライパンのあいているところにマカロニを入れ、残りの白菜をほぐさないで加える。
    白菜は軸のほうが火の通りが悪いので、先にしっかり焼いてから、葉とともに水やマカロニを加えて煮る。
  3. 沸騰したら赤とうがらしを加え、ミートソースをかけてふたをする。マカロニがやわらかくなるまで4~5分煮て、チーズを散らす。再びふたをし、チーズが溶けるまで2~3分蒸し焼きにする。好みで粗びき黒こしょうをふる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

枝元なほみ
枝元なほみ
料理研究家。劇団員や無国籍料理レストランのシェフを経て料理家になる。自由な発想から生まれるおいしい料理と気さくな人柄が人気で、テレビや雑誌などで活躍。著書に「まるごとル・クルーゼ」(サンマーク出版)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

食材の扱い方・ポイント

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…

基本の扱い方

葉をはずす

株元に包丁を入れ、1枚ずつ手ではずしていきます。

切り方

ちぎる

ポキンと折るようにしてちぎります。切り口の表面積が広くなり、味が入りやすくなります。短時間で味をからめたい炒めものなどに。

そぎ切り

株元のほうから、2〜3cm幅に包丁を斜めに入れて、そぐように切ります。

ざく切り

1枚を縦半分にしたら、2枚を重ね、株元から5〜6cm長さに切ります。鍋ものなどに。

繊維に対して直角に切る

繊維に対して直角に(繊維を切るように)、料理に合わせた幅に切ります。
生でサラダにする場合や、浅漬けのときに。食べやすく、短時間で味がなじみます。

繊維に沿って切る

1枚を扱いやすい長さ(2〜3等分)に切り、繊維に沿って、料理に合わせた幅に切ります。
歯ごたえを残したい炒めものなどに。また、浅漬けでも、翌日に食べるなら、この切り方のほうがおすすめ。

刻む

ひき肉だねに混ぜ込むときなどは、繊維に沿って切ってから、繊維に対して直角に刻みます。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31202品をご紹介!