豆腐のカルボナーラ

時短でラク
604kcal
1.5g
10min
豆腐のカルボナーラ
豆腐のカルボナーラ

豆腐を混ぜたソースでさっぱりと

材料(2人分)

ベーコン…2枚
卵…1個
粉チーズ…大さじ2
絹ごし豆腐…1/2丁(約150g)
スパゲッティ…160g
・塩、オリーブ油

作り方

  1. スパゲッティは塩適宜を加えた熱湯で、袋の表示どおりにゆで始める。ベーコンは7〜8mm幅に切り、フライパンに並べて火にかけ、チリチリしてきたら火を止める。
  2. 豆腐は半分に切り、それぞれペーパータオルで包んで耐熱皿に並べる。ラップをかけずに電子レンジで約1分30秒加熱し、水けをきってボウルに入れる。泡立て器で混ぜ、卵を割り入れ、粉チーズ、オリーブ油大さじ2、塩少々を加えてなめらかになるまでよく混ぜる。

    豆腐に空気を含ませながら泡立て器でなめらかになるまで混ぜ、卵や粉チーズを加えて混ぜる。
  3. 1のフライパンを再び弱火にかけ、2を加えて約30秒温める。スパゲッティがゆで上がったら、ざるにあけて湯をきり、フライパンに加え、さっと混ぜる。器に盛り、好みでさらに粉チーズと粗びき黒こしょうをふっても。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

きじまりゅうた
きじまりゅうた
料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子氏、母は料理研究家の杵島直美氏という家庭に育ち、子どもの頃から自然と料理に親しむ。アパレルメーカー勤務を経て料理の道へ。書籍やテレビなど、数々のメディアで活躍。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原務

食材の扱い方・ポイント

ベーコン
ベーコン
豚肉の保存食品の一つで、豚肉を成形し、塩漬けして熟成させ、長時間くん煙した加工品。日本で…

各種の特徴

ベーコン(ブロック)

バラ肉を使ったもの。赤身と脂肪が層になっています。
使うときは、薄切りや棒状など、料理に合わせて切りましょう。煮込み料理の場合は、棒状に切ると、具材としての味わいが増します。

ショルダーベーコン(スライス)

肩肉を使ったもの。バラ肉のベーコンよりは、脂肪の量が少ないのが一般的です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //