焼きたけのことベーコンの炊き込みご飯

445kcal
2.5g
焼きたけのことベーコンの炊き込みご飯
焼きたけのことベーコンの炊き込みご飯

賛否両論・笠原将弘さんに教わる春の炊き込みご飯

笠原将弘さんのレシピ

たけのこのうまみとベーコンのコクが好相性

材料(2〜3人分)

ベーコン…3枚
ゆでたけのこ…1個
あれば木の芽…適宜
米…2合(360ml)
だし汁
 ・だし昆布(3×3cm)…1枚
 ・水…1 1/2カップ
 ・うす口しょうゆ(またはしょうゆ)、酒…各大さじ2

作り方

  1. だし汁の材料すべてをボウルに入れ、1時間ほどおく(時間があれば、1日おいても)。米は洗って30分ほど浸水させ、ざるに上げる。
  2. たけのこは食べやすい大きさに、ベーコンは1cm幅に切る。
  3. フライパンに油をひかずにベーコンを炒める。脂が出てきたらたけのこを加え、焼き目がつくように焼く。
    ベーコンの脂でたけのこに焼き目をつける。
  4. 炊飯器に1の米、だし汁を入れ、3をのせて普通に炊く。炊き上がったら昆布を除いてさっくりと混ぜ、茶碗に盛って木の芽を散らす。
    米とだし汁を入れ、具材をのせて準備完了。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

笠原将弘
笠原将弘
日本料理店「賛否両論」店主。「正月屋吉兆」で修行をした後、実家の焼き鳥店を継ぐが30周年を機に一度閉店。2004年に「賛否両論」をオープン。日本料理ならではの味わいと、季節に寄り添う食材使いにファンが多い。

お料理メモ

【おいしいコツ】
炊き込みご飯のだし汁 黄金比率は10:1:1
笠原さんの黄金比率は、水に昆布をひたしただけのごくシンプルなだし汁にしょうゆと酒を10:1:1の割合で加えたもの。「基本的にこの割合で、炊き込みご飯を作れば間違いなくおいしくでき上がります!」とのこと。昆布だしで炊くのは、具材から出るだしとうまみだけで充分だから。かつおだしにしてしまうと、かえって素材のうまみを生かせないので、だし汁はごくシンプルに、というのが笠原流です。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 日置武晴

食材の扱い方・ポイント

ベーコン
ベーコン
豚肉の保存食品の一つで、豚肉を成形し、塩漬けして熟成させ、長時間くん煙した加工品。日本で…
たけのこ
たけのこ
中国原産で、日本には江戸時代に渡ってきたといわれています。市場には、年末から出始めますが…
米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32563品をご紹介!